新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

モバイルバッテリーの恐怖
最近、ネットの通販サイトやらクーポンサイトなどを見てると、大容量のモバイルバッテリーがとても安くなっている。
先日、車のバッテリーが上がった時にオレが買ったやつは、6000mAhで1万3千円ぐらいだったか。
それに対し、例えばあるサイトで売られているのは10000mAhで1850円。 安い!安すぎる!!
だがちょっと待ってほしい。
世界的大手携帯メーカーのスマホでさえ、ちょいちょい火を噴く事故があり、大概の航空会社では機内持ち込みが禁止されているというのに、この中国の見知らぬ会社が作っているバッテリーは果たして大丈夫なのか?
そもそもこの「リチウムポリマー電池」とは何なのか?
調べてみると、リチウムイオン電池とさほど成分は変わらないものの、とても発火、炎上しやすく、リポブクロなる、専用の保管用ケースなども売られているぐらいだ。

170103-02.jpg


今後、これにまつわる事故が多発しないことを望む。

バッグ、オン、オフ、旅
170102_IMG_3448.jpg


最近は、この3個が一軍。

右上は、以前にも書いたけど、旅用。
機内持ち込みサイズで、ドラマ「SPEC」の当麻が引きずってたやつの型番違い。
いざとなればリュックにもなるが、基本的にはカートとして使っている。

左上が仕事用。とあるショップで一目惚れして買った。
なかなか収納力あって、ポケットもたくさん。
防水というのも一つのポイント。

手前は仕事じゃない時用。
これもかなり入るし、ポケットや小物入れ的なスペースがあって、かなり機能的。
何よりも「今は仕事じゃないんだ」という、スイッチの切り替えができるということが大事だ。
カバンひとつでだいぶ気分が違うもんだよね。

Bluetoothイヤホン

先日のA-JARIライブの時、エッグマンの楽屋にBluetoothのイヤホンを忘れてきてしまった。
これね



ジョギングの時や、運転時の通話に困るので、新しいのを買うことにしたんだけど、よくよく考えたらオレの場合、両耳に装着する必要がまったくないことに気づいた
で、同じQYCシリーズで、この片耳用のがあったので、早速その日のうちにポチった。
翌日には届き、今に至るんだけど、悪くないよ、これ。
ちゃんと正しく装着できていれば、それなりの音がする。
ただ問題は、いつ無くしてもおかしくない小ささ。
両耳用は、とりあえず使わないときは首にかけてればいいんだけど、こいつはどうしたもんか…
とりあえずフランスツアーでは無事に無くさず帰ってきたけど。

161215_IMG_3285.jpg
万年筆


パイロットの「カクノ」という万年筆を買った。
この商品、万年筆デビューの子供用、というコンセプトのようだが、デザインがとても可愛く、かつ1000円という値段に惹かれた。
これを機に、もっと「紙にペンで書く」というシーンを増やそうかな?などと思ってみたり…
そういえば、今世紀の初めぐらいまでは、スコアとか全部手書きで書いてたんだよな〜

「読めるけど書けない漢字」とかたくさんありそうだ。

fka_1sr_sp_off-kao.jpg

161002_IMG_2230.jpg



Wistiki

https://www.wistiki.com/
いわゆる「クラウドファンディング」ってやつで購入した。
要は、iPhoneなどと連動する、鍵などを失くさないためのタグ。
iPhoneとはBluetoothで連動し、アプリを通じ、音を鳴らすことで場所を知らせる。
双方のおおよその距離や、鍵の位置を地図上に表示することもできる。
また、その逆に、こいつからiPhoneを鳴らすこともできるので (マナーモードでも全力で鳴ってくれる)

「あれ?鍵どこやったっけ?」
とか
「あれ?iPhoneどこ行った?」
なんて時に使う。出かけ際のバタバタとはおさらばできそうだ。

そして、もう一つ機能があって、もしどこかにこいつ(をつけた鍵など)を落としたりした場合、「最後に持っていた場所」を、地図上に表示してくれる。
6月のカターニャ、鍵紛失事件の時にこれがあれば、おおよその落とした場所を探ることが出来たのだが…
ま、その反省を踏まえて買ったんだけどね。
これからは、世界のどこで鍵を落としても、慌てることはないだろう。
いや、落とさないことが一番なわけだけども。

Bluetoothの最大通信距離は100メートル。防水だそうです。

160909_IMG_2140.jpg


copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.