新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

「RIZIN」

という名の総合格闘技大会が、日曜日に地上波で放送された。
その日は某バンドのリハだったため、録画したものを先ほどやっと見た。
あの山本キッド選手の姉である、山本美憂親子の参戦などで話題になっていたが、それよりも今回、キックボクシングからの刺客がかなり目立った。
結果は総合の圧勝。総合格闘技を舐めてもらっちゃ困るって話ですよ。
ただ、キックの選手が総合の選手に、打撃でやられちゃダメですな。

160928.jpg


それにしても、「ロープに逃げたらスタンドからやり直し」ってルールは何とかして欲しい。もしくは金網にするべきだと思った。
年末にも開催されるらしいので、そちらにも期待したい。
いや〜、やっぱ最高ですよ、総合格闘技!

ちなみに、ワタシにはまだオファーはない。



プロ野球中継


長嶋さん、王さんが華々しくプロデビューし、村山さんや金田さんが迎え討った昭和30年代、そしてワタシが物心つき、王さんがホームラン世界記録を塗り替えた昭和40年代と、プロ野球が国民的スポーツとして支持されていた時代、何故かテレビのプロ野球中継は19時半から始まり、21時前で終わっていた。
テレビで観られたのは、5回ウラぐらいから7回ぐらいまで。
やがて「スポンサーのご厚意により」という注釈つきで、放送が延長されるようになったのは、江川さんがエースだった頃だっただろうか。まだまだプロ野球人気は健在で、巨人戦以外の試合も詳しく分かる「プロ野球ニュース」なども始まった。
これは私見だが、監督としての長嶋さんが「メイクミラクル」とか言ってた頃が、日本プロ野球の人気の「終わりの始まり」。
FAという新制度のため、各球団のエース、4番打者が読売に集まるようになり、本当に実力のある選手はメジャーに移籍。Jリーグなども開幕し、サッカー日本代表の活躍などもあり、プロスポーツの人気は野球から他へと移っていった。
そして現在では、民放でのプロ野球中継はほとんどなくなった。
ただし、BSなどでは、試合開始から終了まで、好きなだけ観られるようになった。試合の選択肢は限られるけど。
で、同じく気軽に観ることができるようになったメジャーリーグ。やっぱりそっちの試合の方が断然面白い。
「野球」と「ベースボール」の違いなのか?

それはそうと、アマチュア野球では、日本がインドネシアを35対0で破った、というニュースを見た。
オリンピック向けの競技と言えるのかな?これ…

160905.jpg


ガッツポーズ
ガッツ=腸だよね。誰だよ!「ガッツポーズ」なんて命名したのは?

ま、それはそれとして、リオ・オリンピックですよ。
卓球男子シングルスで見事銅メダルを獲得した水谷選手。
試合終了の瞬間、ともに銅メダルへの戦いを勝ち取ったラケットを放り投げ、大の字になっての「ガッツポーズ」。
惜しくも敗れた相手選手は、それが終わるのを待って、握手をしに来てくれた。

あのイチロー選手にさえ、毅然と駄目出しをする、スポーツ界のご意見番、張本勲氏も

「あんなガッツポーズはダメ。 手は肩より上げちゃダメ。礼に始まり礼に終わる、ですから」

と、かなり細かい駄目出しをされていたらしい。
「世界」を舞台にツアーしつつも、ナイキの駅伝ぐらいでしか、世界一になったことのないワタシがこんなことを言うのもおこがましいが、半分ぐらい同意である。
日本人としての誇りがあるのなら、まず、相手をリスペクトして欲しかった。
その点は、少しだけ残念である。

そんな張本勲さんの3,000本安打達成の瞬間がこちら。



甲子園でのミスジャッジ


昨日、テレビをつけたら、たまたま甲子園での試合の途中、ランダウンプレイの真っ最中であった。
3塁ランナーが三本間に挟まれ、その間に2塁ランナーが3塁に到着。
野手はその2塁ランナーにまずタッチ。ルール上そのランナーはアウト。
問題はこの後。
3塁ランナーは再びホームに向けてスタートするも、野手がタッチ。しかし、3塁塁審は、なぜか既にアウトになっている2塁ランナーを注視しており、全く見ていない。
野手はタッチをアピールするも、そのランナーはホームインし、得点が認められる。

世間ではこれを「誤審」と呼んでいるが、それ以前の問題である。見てないんだから。
しかし、甲子園の審判は無報酬のボランティアだと聞く。たまたま見ていなかっただけで、早々責めれらるものではない。人間誰しもミスはある。

では、何が正解なのか?
タッチされたランナーが
「すみません、今タッチされました」
と、自己申告するべきであろう。
私が指導者なら、そう教えるだろう。
例えそれで負けたとしても、その経験は今後の人生でとても役に立つはずだから。

ま、でもそれは無理か〜
松井秀喜さんを5連続敬遠した伝統がある、勝利至上主義のあの高校が、そんな指導をするわけないな




ピートローズがまた

監督時代に野球賭博に関与した件で、MLBどころか、Billy Joelおじさんの「Zanzibar」の歌詞の中からも追放されてしまった話以前にも書いた
当時のブログでも「イチローの4,000本安打なんて認めない」と述べておられる事について書いているが、今回彼の持つ4,256本を抜かれてしまった際も、同様のコメントを出している。大記録を持っていながら小さい男である。
ま、日本のプロ野球から移籍してきても、新人王もらえちゃうシステムなんだから、仕方ないといえば仕方ない。
ならばこうしてはどうか?
メジャー通算ではなく、全世界通算記録。

イチロー(米国2,980+日本1,278)=4,258
ローズ(米国4,256+日本0)=4,256


イチローの勝ち〜( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに先日亡くなったモハメッド・アリ選手は、同じ歌の1コーラス目にまだ生き続けている。

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.