新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

足が痛い

一昨日の夜中、足が痛くて目が覚め、その夜は痛みのためほとんど眠れなかった。
朝になっても痛みは引かず、歩くのもままならないほどだった。
とりあえず、家にあった湿布で冷やし、サポーターで固めて、なんとか日常生活が送れるレベル。
左膝の内側、皿の真横ぐらいの場所。
ランニングで時々痛くなる場所とは微妙に違うし、そもそも左右が違う。
原因が思い当たらない上、「眠っている時」に痛み出すなど、これはもしかしたら悪性腫瘍とかそんなんだろうか?などと思っていたが、夕方ぐらいにはだいぶ歩けるようになった。
仕事が一段落したので、いつもの接骨院に行って診てもらったら、どうやら「鵞足炎(がそくえん)」という症状のようだった。
早い話が筋肉の炎症で、サッカーや野球などでよくあるスポーツ障害らしい。
しかし、スポーツが原因ではなく、睡眠中になったことについて、ドクターは
「足の寝違いみたいなもんでしょう」
だって。なるほど。
寝る姿勢も大事なんですね〜

1日経った今、なんなら10kmぐらい走れるぐらいまで回復したけど、今日は勘弁しといたる(・∀・)

170215.jpg


書店と便意


「街から書店が減っている」という話をよく耳にする。
ただでさえ儲けが少ない上に、万引きによる被害なんかもバカにならないらしい。また、ネットショップの影響も多大なのだろう。
実際に足を運んで思うのは、「売れる本しか売れてない」という印象。
つまりどういう事かというと、コミックや雑誌などの定番は、普通に探しやすい。
が、例えば文庫本。平積みになっているのは、話題の本や新刊の、とりあえず売れそうなものばかり。
今なら「アドラー心理学」とか「海賊と呼ばれた男」、池上彰さんや佐藤優さんの著書、そしてドナルド・トランプ関連本あたりは、かなり目立つところに陳列されている。
んじゃ例えば1代前のアメリカ大統領・オバマさんの演説集なんかを探そうとすると、もうどこにあるのかわからない。下手したら置いてない。なぜなら、需要が見込めないからだろう。
ところが、Amazonや図書館なら、ほぼ100%こういった類の本も簡単に探せる。どちらもネット検索できるし、図書館なら、設置されている端末で、どのエリアに置いてあるのかまで教えてくれる。
街の書店にここまで出来るのかといえば、ちょっと難しいだろう。
こうやって淘汰されて行くのかな〜などと、少し切ない気持ちになってしまった。

170213_IMG_3742.jpg


無印石鹸

先日、固形石鹸の話を書いたが、旅先でもらったやつを使い終わったので、何となく無印良品に行ってきた。
で、見つけたのがこれ。シトラスとかレモンとか、いくつか種類があったが、アボカド(風味?)ってのがどんなのかとても気になったのでこれにした。
で、実際に使ってみると…

匂いも泡も、ごくフツーの石鹸だったよ。
若干泡立ちがよく、キメが細かい感じだった。
色がアボカドってことだったのかな?どっちかというとアボカドというより、キウイっぽいけどね。
味はわからん(・∀・)

170201_IMG_3572.jpg


左利き用調理器具

左利き用のレードルやらフライ返しやら、自分用の調理器具を持っていることは、大昔に書いたような気がする。
が、写真はカミさんが自分で使ってたフツーのヘラ(?)だったのが、熱で裏返って、いつの間にか左用になってしまった、という作品。
さて、何に使おう?

170129_IMG_3666.jpg

チャリ鍵落とした


いつも持ち歩いている鍵束。栓抜き付きのやつ。
170106_IMG_3567.jpg


今日は妙に軽いな〜と思ったら、チャリの鍵だけが無くなっていた。
さて、どこで落としたかな?と思ったら、意外にあっさり見つかった。
それは、自宅の地下、機械式駐車場のパレットの上。
隙間に落ちるギリギリのところに落ちていた。
170106_IMG_3456.jpg


見つける前に、誰かがパレットを操作してたらアウトだったかもしれないな(・∀・)

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.