新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

かんかんのう


大昔にこの供述調書で書いたかもしれないが、落語に「らくだ」という演目がある。
らくだというあだ名の、今でいう半グレみたいな男が、自宅で孤独死しているのを、兄貴分の熊五郎が発見する。
こりゃ葬式を出してやらねばなと思うが、金がない。
そこにタイミング悪く現れた屑屋が、葬式代やら何やらを工面して来いと、熊五郎に命令される。
とりあえず大家のところに行くが、嫌われ者のらくだだっただけのことはあり、あっさり断られる。
この時、熊五郎に
「断られたら、こう言って脅せ」
と、ここで出てくるのが「かんかんのう」という踊り。(と歌)
脅し文句は
「死骸のやり場に困っております。ここへ背負ってきますから、どうか面倒を見てやってください。ついでにらくだの死骸に『かんかんのう』を踊らせてご覧にいれます」
と言うものだった。
大家が
「やれるもんならやってみろ!」
と言うと、実際にらくだの死骸を背負って、かんかんのうを・・・
で、大家はたまらず葬式を出すことを了承する、という感じで話は進んで行くが、落語で実際に「かんかんのう」を聴けるのは、その冒頭だけ。実際のかんかんのうがどういうものなのか、落語の演目の中だけでは、良く分からないのだ。

この噺を最初に知ったのが、たぶん10年ぐらい前で、当時気になって調べてみたが、ほとんどヒットしなかった。1件ぐらいしかヒットしなかった。
が、現在「かんかんのう」で検索すると、出てくる出てくる。

何が言いたいかというと、時代は進んでるんだな〜ということ。





(微妙に落語と実際のものとは、メロディが違うんだね)



怒りとSNS

「9年前日記」を見ると、当時は毒ばかり吐いていたなと、自分でもビックリする。
そんなオレがどの口で言うのかと分かってて言うが、昨今のSNSに於ける「怒り」ツイートの多いこと・・・
特に、今回の九州の大惨事のような事件、事故が起こるたび、「お見舞い」よりも「こいつ許せん」みたいな書き込みのオンパレード。いや、オレのタイムラインだけなのかもしれないけど。
確かに、世の中許しがたいやつは何ぼでもいる。例えば、目の前で割り込みとかされたら、腹が立って晒したくなるのは分かるし、当事者が泣き寝入りする必要なんて全くない。
しかし、そういったものの中には、当然不確定なものもあるだろうし、それらを我々第三者が拡散し、みんなで叩いても、一体何になると言うのだろう?
基本、それらの怒りたちは、結果的に憎しみの連鎖以外何も生み出さないことがほとんどだ。
そんな「怒り」の気持ちは「呆れ」か何かに変えて自分の中に収めとこう。
「世の中、残念な奴がいるな〜」
ぐらいに。
何だか、「炎上したら、とりあえず謝っとこう」みたいな変な空気になっちゃってるよね。
何よりも、その「怒りのエネルギー」がもったいない。それ使って発電とかできないもんか?

160419_IMG_2179.jpg

ストビュープレーヤー

http://www.brianfolts.com/driver/

出発地から目的地までの道のりを、ストビューで動画再生してくれる、というサイト。
日本語にも対応しているが、英語のままでも問題ない。
「Origin」に出発地、「Destination」に目的地を入れる。日本語の住所、施設名などで大丈夫。
あとは「Play」をクリックするだけで、目的地まで連れて行ってくれる。
移動手段のデフォルトは「車」だが、高速に乗ったり降りたい、ちょいちょい右側通行などもするので、対向車が怖い怖いw
イントネーションの話
さて、今季の朝ドラも明日で最終回。そして今朝が「朝ドラ受け」のあさイチが最後という事で、ゲストは波留さんだった。
東京都足立区出身の彼女が、関西弁のイントネーションを習得するにあたり、「話」は「田無」「時」は「トキ(鳥)」と言った具合に、置き換えて覚えたそうな。なるほど。
で、ちょっと気になった事が。
「進撃の巨人」の「巨人」「土人」と同じイントネーションだよね。少なくとも関東圏では、「巨人」という単語に関してはこれがデフォだと思う。
だが、「読売ジャイアンツ」の「巨人」はなぜか「故人」と同じ。これはどうしてなんだ?
「ジャイアンツ」を日本語化して「巨人」と呼ぶようになったと思んだが、それなら「土人」と同じで良いはずなのに…何か訳があるんだろうか?

関係ないけど、昔の漫画「釣りキチ三平」に出てきた「魚紳さん」は、オレは「土人さん」イントネーションだったが、違う人もいるんだろうか?
A-JARIは、自分たちでは「アサリ」イントネーションだったが、多くの人は「サファリ」イントネーションだったな〜

160401.jpg
あの人


よく、顔だけ思い浮かんでるけど、名前が出てこない事ってあるじゃないですか。
「ほら、あのドラマに出てた、あの人だよ、あの人」
ってな感じで。

今じゃ、スマホですぐに検索できるけど、それやっちゃうと脳のシナプスが一つ死ぬ、なんて話をここにも書いた事がある気がする。
年を取るたびにどんどんそういう事が増えて行くもんだけど、最近はもっとヤバい。
顔と苗字が思い出せるのに、下の名前だけ出てこない。
これ、一番ヤバいやつじゃないですかね?


160331.jpg


copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.