新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

セブンの豆サラダ復活?

セブンプレミアムの「豆サラダ」という、お気に入りの惣菜があり、2015年3月にブログに書いていた。
しかし、ある日を境にぱったりと店頭から姿を消した。
「一体どういうこと?」
って、お店の人に聞いたけど、理由はわからなかった。

それから数年が経ち、最近セブンに姿を見せたのがこの「豆サラダ」。
やっと帰ってきたか〜と思ったら、全然別物でした。
今度の「豆サラダ」は「ヤマザキ」ではなく「プライムデリカ」という会社が作っている。
味も全く違うが、マヨをちょい足しすると、ちょっと近い味になる。
当分はこれでしのごう。(何を?)

しかし、現在この名前でこれが売られているということは、ヤマザキ製の豆サラダが再び発売される可能性は、限りなくゼロに近い。
ちなみにヤマザキは、別の豆関連惣菜をセブンから数種類発売している。

171106_IMG_5494.jpg

新橋弁当事情
このところ「役所メシ」にハマっていたのは、週2〜3ぐらいで新橋の病院に通うようになったから。
朝一で病院に行き、昼前ぐらいに終了する。
「さて、メシにするか」
って段階で官公庁街にいるため、せっかくなので…ってな感じで食うようになったのだ。
ワンコインで食べられ、お味は微妙。そんな定義がワタシの中で勝手に出来上がっている。
で、本日はちょいと趣向を変えて、官公庁街ではなく、サラリーマンの街・シンバシの「弁当」を食ってみることに。
昼のシンバシでは、様々な飲食店などが弁当を販売していて、驚くのはその価格。500円がほぼデフォのようだ。
そう、お値段が役所メシ並みということ。
今回は、とある焼き鳥屋さんの「唐揚げ弁当」を買ってみた。お値段なんと400円。役所メシの安さを超えている。
170928_IMG_5441.jpg



白米に唐揚げに、煮豆とゆで卵半分と漬物というシンプルな編成ながら、ボリュームは十分。
そして、焼き鳥屋さんだけのことはあって、鶏肉がとにかく美味い!!
お安いのはとても嬉しいが、この美味さでこの値段。どう考えてもデフレスパイラル。この消耗戦がいつまで続くのか、少し心配になってしまう。

でもごちそうさまでした( ´ ▽ ` )ノ
昼飯に何を食うか

先日のTBSドラマ「ハロー張りネズミ」、國村隼さんの神演技もあり、なかなかいい話だった。が、本題とは別に、冒頭に瑛太演じる七瀬五郎の名言があった。
昼飯に何を食うか、うざいぐらい悩む五郎に、周りの者たちが
「何でもいいからさっさと食ってこい」
などとツッコむのだが
「昼飯に何を食うかは、人生で一番大事な問題でしょうが!」
と反論する。曰く

「晩飯の場合は、何を食うかよりも誰と食うかが大事だったり、飯より酒がメインだったりする。
朝飯は単なるエネルギー補給。
だけど昼飯は、働く男にとって、その日の生き様を象徴する儀式なのである。」


これはちょっと共感してしまった。
毎晩、今夜な何を作ろうかしらと頭を悩ませる主婦や主夫の方々を敵に回すつもりはないので、晩飯がどうでもいいとは言わないが、やはりオレも昼飯には少しばかりのこだわりがある。
ま、最近はそれが「役所メシ」などに向けられつつあったりするわけだが。

ちなみに同じ回で、「今時の、黒th−シャツにタオルを頭に巻いた、やたら声のでかいラーメン店」をディスってたな。
キリンメッツ ザ・ビター



スーパーで何気に気になり、買ってきた。
で、ひと口飲んで思った。
「これは、普通に飲んでも美味いが、別な飲み方があるはず」
確かに、タイトル通り、甘さ控えめで、香りがいい。
こういうものは、これだ!!
そう、これで焼酎を割って飲んだら、そりゃもう…
ちょいとオススメです( ´ ▽ ` )ノ

170827_IMG_5270.jpg


昆虫食

先日、テレビで「昆虫食の研究」について特集していた。
書いて字の如く、昆虫を食べるという話。
なんでも「食用コオロギ」なんてのがあるらしく、番組内ではそれを使って出汁をとってラーメンを作っていた。
トッピングとしてコオロギも乗っており、見た目のパンチもなかなかのものだった。
食べた人は
「海老のような風味と食感だった」
と語っていた。
今後の人口増対策として、昆虫から動物性たんぱく質を摂るというのは、かなり現実的な研究だという。
先入観を持ったまま食べようとすると、確かに抵抗はあるかもしれないが、見た目のグロさで言えば、シャコとかなまことかもかなりのキワモノ。
慣れてしまえば何とかなるかもしれない(・∀・)

copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.