新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

裁判傍聴
本日、久々にオトナの遠足というか、カミさんと平日デートに行ってきた。
通常なら舞浜あたりのテーマパークへ行って、帰りに蕎麦でも食いながら日本酒を・・・なんてパターンなんだけど、今日はちょっと趣向を変えてみた。
裁判傍聴→酸素カプセル→餃子の王将という、オレ的には初めて尽くしの旅。
長くなる恐れがあるので、今日はそのうち「裁判」について書いておく。

先述の通り傍聴も初めてなので、家裁、地裁、高裁と同じ建物内にあるうちの、地裁から始めてみる。
何事も社会勉強である。
まず建物に入ると、受付に、どの裁判所のどの法廷で、どんな裁判が何時に開廷するのか、というリストが置いてあるので、そこからお好みの裁判をチョイスする。
その中にも民事裁判と刑事裁判があり、原告と被告が争う民事裁判は時間も長そうだし、ビギナーにはちょっとヘビーだという気がしたので、刑事裁判に。
という事で、直近時刻の裁判(20~30ぐらいある)から、内容を吟味・・・と思いきや、9割がた「覚せい剤取締法違反」ときたもんだ。
これもまた、登場する被告の姿がビギナーにはきついと想像。結局「強盗犯」の裁判をセレクト。
特にこれといった申し込みも不要で、リストに書いてある法廷へ、案内板を頼りに向かう。
エレベータを降りると、長い廊下があって、その両サイドに各法廷への通路があり、それぞれの法廷に「一般控え室」、「当事者入り口」、「傍聴人入り口」などがある。
傍聴人入り口には裁判の内容、被告人の氏名などが掲示されており、「傍聴人は服装を整え、携帯電話の電源はお切り下さい」などの注意書きも貼られている。
所要時間は約1時間という事だったので、ひとまずトイレを済ませ、開廷までまだ20分程あったが、傍聴人席へと入ってみる。

と、長くなって来たので、後編はまた明日・・・
110223.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.