新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

確信する脳 「知っている」とはどういうことか
101117.jpg
ロバート・A・バートン著、岩坂彰訳

脳神経学者の著者が、「幻覚」や「デジャヴ」、「神秘体験」などを「科学的に肯定」して行く風な展開。
「知っている」という意味を「信じ込んでいる」と置き換えると、「神との出会い」なども全くのウソではなくなってくるからあら不思議w
その人の真実は、確かにその人の脳内で起こっている真実であり、その人はその事を「知っている」・・・
って、オレが書けば書くほどワケ分からん事になってくるので、読んでみてくださいw
個人的には、この岩坂さんって人の訳、かなり好きです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.