新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

高層難民
渡辺実という人の書いた本。
要は、大地震が来た時に、高層マンションに住む人はどうなるか、どうすればいいか、という事が書いてある。
ふむふむ、なるほど・・・エレベータに閉じ込められるのが最も悲劇的なのか・・・
などと、色々役にたちそうな事が書いてあるんだけれど、
「今時、浮かれて湾岸の高層マンションなんて購入する人は、どうせ大地震が来た時の事なんて真剣に考えてないでしょ?」
的なニュアンスが、あちらこちらに滲み出ているような気がするんだよな~
そんな事ないっす!みんな真剣に検討してるに決まってるじゃない。
そして、この著者は、知る人ぞ知る、ブリリア・マンションシリーズ住民がもれなく貰える「安心缶」という防災グッズセットの企画者だそうだ。

ま、高層・超高層住民は一読しておいても損はないかと。
100916.jpg
コメント
この記事へのコメント
No title
「そん時きゃそん時のこった」的主義の私は…
2010/09/16 (木) 00:35:48 | URL | 255 #H6hNXAII[ 編集]
高層住宅
下を見ると内臓が「キュー!!」と
縮みそうになるので私には無理です。
2010/09/16 (木) 22:56:44 | URL | おかめちゃん #-[ 編集]
No title
>255さん
うむ、関東大震災を生き抜いて来た人は肝が据わっとる・・・

>おかめちゃん
うちは高度約51メートルの中層階なので、そんなにキューっとならないですよ。
ま、落ちたら死ぬレベルですけどw
2010/09/16 (木) 23:43:02 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.