新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

テレビの裏
100807.jpg


苦手な人は苦手な、テレビの裏の配線。
おっちゃんが子供の頃は、アンテナ線ぐらいしかつなぐものがなかった。
せいぜい「UHF」か「VHF」かぐらいで、たぶん端子の形も違ったから、ほとんど悩む人もいなかった事だろう。
その後普及したビデオデッキも、当初はアンテナ線経由だった記憶・・・東京だと「2ch」にすると映ったんだよね。「ファミコン」とかもそんな感じだった。
ただし、これだと「隣の家の人が鑑賞しているビデオが映りこんでしまう」などの問題もあり、程なくして「ビデオ端子」が登場。
この辺からややこしくなってくる。白・赤のピンが音声で、黄色が映像。
「ん?S端子って、何だ来これ?」みたいな、奇妙な事件があちらこちらで起き始める。
で、今は「コンポーネント」だの「HDMI」だの「RGB」だの、入力も1から5ぐらいまであったり、アンテナもBSだの地デジだのと、もはや事件は迷宮入りしそうな勢いだ。
気が付きゃLANやUSBなんかも付いてるし・・・
3Dのテレビが今後どれだけ普及するのか知らないが、これらの配線を一気にシンプルにまとめられたら、そっちの方が売れる気がするぞw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.