新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

有明の荒野
小学生の頃は近所に「空き地」というものがほとんどなく、それどころか公園や緑地なんてものもなかった。
当時の小学校のセンセイは「豊島区は世界一子供の遊び場がない地域だ」などと言っていたが、それが本当だったかどうかは不明。(どなたか真偽のほどを・・・)
しかし、遊び場が少なかったのは本当で、今では考えられない話だが、その辺の駐車場とかで野球をやっていたのだ。いや、キャッチボールではなく「野球の試合」。
で、当然クルマを停めてる人とか、土地の所有者に怒られる。で、次の遊び場を探しに行く・・・なんて感じ。

今住んでいる地域は公園や緑地どころか、それぞれのスポーツ専用の施設などもかなり充実している。
そのため、この写真のような広大な空き地がいくつもあるのに、誰も侵入して遊んだりはしていない。
当時のオレたちに分けてあげたい・・・
100418_1144_14-023.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.