FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ストレートが変化球?

昨日のセパ交流戦・北海VS広島戦で、秋田の金足農家からドラ1の吉田輝星(既に変換できる)投手が、初登板・初勝利を挙げた。
5回4安打1失点という堂々の内容だった。
圧巻だったのは、全84球中、8割にあたる67球がストレート。しかも最速でも147km/h、ほぼ140ちょいぐらいと、数字上では決して早いとは言えない球で、空振りをガンガン奪ったこと。
野球をやったことがある人ならお分かりだろうが、どんなに早い直球でも、地球上に引力がある限り、ボールはある程度山なりの軌道を描く。
対する打者はそれが自動的にイメージできているので、「真っ直ぐ」に見える。
しかし、吉田投手の場合、ボールに強烈な縦の回転がかかっているため、「山なり度」が低く、より直線に近い軌道になる。
そのため、打者には「ボールがホップして見える」という。
古くは、江川卓投手のストーレートがそんな感じだった。
吉田投手の場合、それに加えて「横回転」のストレートもあるという。いわゆる「真っスラ」というやつだ。
つまりこの2種類のストレート、打者から見たらどっちも変化球やん!って話だ。
今後がとても楽しみな投手がまたデビューしましたね。
ハンカチも頑張れ!

190613yoshidakosei.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.