FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ドレミファソ

誰もが一度は抱く疑問。
「ドレミファソ〜の音って、全部で11個(×オクターブ分)しかないのに、並びや組み合わせ、つまりメロディって枯渇しないものなのだろうか?」
自分も昔から思ってたけど、未だ枯渇したという情報はない。
つまり、組み合わせは無限にある、という事なのだろう。

先日、テレビで「美女と野獣」の実写版映画をやってたのを、ぼーっと観てて、突然気付いてしまった。
あの名バラード「Beauty and Beast」のメロディ。
階名で書くと、頭の4小節は
「ミソシドファ ミソシドレ」
と入ってくるんだけど、その先の5〜7小節が

「ドレミファソ ソファミレド」

えっ!どれみふぁそ?そふぁみれど?
気がつくまで気がつかなかったよ。
いや、知ってはいたけど、気にした事なかったよ。
発声練習の時のフレーズやん。
要は、

一見くそダサいような並びでも、使いようによっては、こんなに素晴らしいメロディになる、

という絶妙な見本。

かのデイヴィット・フォスター先生もおっしゃっていた。

「いいメロディというのは、ピアノで指一本で弾けちゃうようなシンプルなものなんだべさ。」

いや本当にそう思う。

分かったかね?そこのキミ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.