FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

校歌

今年も始まったね、春のセンバツ。
さて、それにまつわる今だから話せる話。
わしが高1から高2に上がる春、高校野球春のセンバツに初出場することになった、某高校。
その校歌が、当時まだピアノ伴奏しかなかったので、せっかく甲子園で流れるんだし、ブラバン伴奏にアレンジせよ、と言う仕事がなぜか来た。
元々は、某大先生のところに依頼された仕事だったが、そんな事やってるほど暇じゃないってことで、名義だけ大先生で仕事だけオレが、つまりゴーストライターというやつだ。
一体どういう経緯で、当時高1だったオレに来たのか、今でも良く分からないが、とにかく一生懸命アレンジして、スコアを書いた。数万円貰ったっけね。
その春休み、伊藤信雄さんと一緒に、バイクで京都までツーリングに行ったんだけど、途中のSAで、たまたまその高校の応援に行く生徒たちの乗ったバスと一緒になった。
馴れ馴れしく話しかけ、談笑する中で、
「校歌、オレがアレンジしたんだよ」
とか言ってみたが、誰も信じてない様子だった。
結果、その大会は一回戦負け。オレのアレンジした校歌が流れることはなかった。
今は、勝敗に関わらず、初戦の両校の1イニング終了時に、校歌が流れるんだけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.