FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

続々・洋楽の日本語タイトルについて

気が向いたので・・・

テイラー・スウィフトという歌手が、というかテイラーの日本スタッフが2010年ぐらいからやり始めた邦題に、下記のようなものがある。

「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」(We Are Never Ever Getting Back Together)
「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」(Shake It Off)
「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ?私にこんなマネ、させるなんて」(Look What You Made Me Do)


主にシングル曲に、こういう邦題をつけてくることがちょいちょいあるんだけど、これ、絶対狙ってるよね。「あの頃」的な雰囲気。

あと、北欧メタルでコルピクラーニというバンドがあるんだけど、その人達の楽曲の邦題も、なかなかドイヒーで面白い。
例えば、デビューアルバムの「飛び出せコルピクラーニ」(アルバムタイトルからしてこれ)は、こんなラインアップ。

酒場で格闘ドンジャラホイ - Wooden Pints
朝まで飲もうぜ - Before the Morning Sun
神風北欧隊 - God of Wind
森は泣いている - With Trees
ビールこそが神の水 - Pellonpekko
眼力王 - You Looked Into My Eyes
慌てんぼうのポルカ - Hullunhumppa
俺の墓標を越えて行け - Man Can Go Even Through The Grey Stone
冬の夜空で漢祭 - Pixies Dance
酒が入れば百万馬力 - Juokse Sinä Humma
カラスと行こうよどこまでも - Crows Bring The Spring
死人に口なし - Hengettömiltä Hengiltä
太鼓の仙人 - Shaman Drum
大地のコルピクラーニ - Mother Earth


2枚目の「荒野のコルピクラーニ」

サウナでひとっ風呂 - Cottages And Saunas
旅行けば - Journey Man
燃えろ!キャンプファイヤー - Fields In Flames
魔の森に立ち向かえ! - Pine Woods
森の中でハッスルハッスル - Spirit Of The Forest
大自然って気持ちいい - Native Land
「狩り」こそ漢の宿命 - Hunting Song
ビール飲み放題 - Ryyppäjäiset
吐くまで飲もうぜ - Beer, Beer
実録!フィンランド昔話 - Old Tale
哀しみのコルピクラーニ - Kädet Siipinä


と、終始こんな感じだ。
だから何?いや、何でも・・・

ついでだ、3枚目「世にもコルピな物語」

痛快!飲んだくれオヤジ - Happy Little Boozer
戦場のコルピクラーニ - Väkirauta
呑めや、歌えや、夏休み - Midsummer Night
黒鷲は飛んで行く - Tuli Kokko
萌えろ、春の舞 - Spring Dance
森の木陰でクールビズ - Under The Sun
立ち上がれ!森の妖精コルピ軍団 - Korpiklaani
漢の勲章〜コルピクラーニ編〜 - Rise
妄想即狂曲 - Kirki
夜の森は危険がいっぱい - Hide Your Riches
いい旅、鳥気分 - Free Like An Eagle


4枚目「コルピと古の黒き賢者」

朝から飲もうぜ - Let's Drink
コルピと古の黒き賢者 - Tervaskanto (Resinous Stump)
北風に抱かれて - Viima (Icy Wind)
血塗られた赤ん坊伝説 - Veriset Äpärät (Bloody Bastard Children)
森と大地と狼さん - Running With Wolves
村が火事! - Liekkiön Isku (The Revenge of Liekkio)
ハートに火をつけろ - Palovana (Inner Fire)
熊唱 - Karhunkaatolaulu (Bear Hunt Song)
霧雨の村 - Misty Fields
神々のコルピ劇場 - Vesilahden Veräjillä (At The Gates of Vesilahti)
北の大地のお祭漢 - Nordic feast



もういいか・・・
詳しく知りたい方は、ググってください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.