FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

旅とライブ(その2・名古屋ライブ編)
約1年ぶりの、THE HEART名古屋ライブ。
普段あまりやらないけど、ステージ上からの目線で、セトリから振り返ってみましょう。
(長いぞ〜)


1.赤い旗の下で

先日予告した、ノーカウント始まりでした。
ギターソロ、本当は後半カズヒコさんがハモりでかぶさってくる、というのがあの頃のしきたりだったけど、もうそんなことは忘れて、バッキングを楽しんでいらっしゃるようなので、それはそれでいいか。
高岡のライブで語ったけど、最初にこの曲のカズヒコのデモテープ聴いたときに「あれ?これオレが書いた曲?」って思ったぐらい、オレっぽい曲。
なので、カズヒコが書きそうな詞を書いてみた。


2.警告の鐘

通常はギターのAマイナー刻みから入るんだけど、今回はあえて「カウント始まり」からの、F-Gで、イントロ2へ。
ってちょっと何言ってるのか分からない、だな。


3.チャップマン

終盤のベースソロで、「お帰りゴッシー」って改めて。
多分客席もそうなったよね?


4.THE HARD DAYS

これも、このメンバーだからこそ、あのアカペラ始まりが成立するんだよね〜

と、ここまで、(ちょいちょい転調はありながらも)ほぼAかAマイナーのキーでお送りしてきたことに気付いた人はいないだろう。

そしてここから、(ちょいちょい転調ありながら)キーがBの曲が続く。


5.MONDAY BLUES

高岡で言ったけど、オレがTHE HEARTに加入した当時、何気に一番好きだった曲。
ま、それについては「高岡編」で語ろうか(・∀・)


6.ピエロ

カズヒコが最初に出したセトリ案に、なんとこの曲がなかったんですよ。
「ありえねーだろ!!」
っつってボコボコにしばいててやりましたよ。
なんか、ゴッシーていうと、この曲のイメージなんだよね。
何故だかは分からないけど。


で、今度はキーがCの曲が2曲。
偶然だけど、A→B→Cって流れが美しい。
そんなことを気にする人は一人もいないけど。


7.君の姿を探してる

THE HEARTアマチュア時代の、かなり初期の作品だと聞いたことがある。
この辺りで、実はわしのエフェクターHD-500Xが熱暴走した。
こっそり電源を落としたら復活したけど。


8."TOKYO"

「黄熱」に収録されている曲。
ギターソロはオレのストラトで、オレが弾いたソロと、カズヒコが弾いたソロをミックスしてるって知ってた?
ライブでは全てカズヒコ。
気付いた人は結構いるかもしれないけど、井口さん、ケツポケットのブルースハープがなかなか出てこなくて、アウトロ(エンディング)のサイズが伸びてましたね(・∀・)


ここでドラマー交代。
満を持して、辻岳春さん登場ですよ。
彼と斉藤律さんが脱退したタイミングで、オレと憲坊(草野健一)が加入したので、当然一緒にやったことはないんだけど、当時から人間的交流はあったので、初めてという感じがしないような、するような・・・

ちょっと胸が一杯になると同時に、膀胱も一杯になってしまったので、岳春呼び込みの間に、一度楽屋に戻り、トイレに行ったんだけど、戻ってきたらまだ呼び込まれてなくて笑った。
一体何を話していたんだろう?


9.STAR DUST

1コーラス終わりからのギターソロまで、4小節の間があったんだけど、なぜか岳春バージョンだと2小節なんだよね。
リハでもごく自然にそうなってて、誰も何も言わなかったので、それに従いました。


10.雨は止みそうもない

20代でこんな曲やってたんだな〜と。
今思えば50代でちょうどいいよね。

で、またドラマー交代。公太さんカムバック。
ここでちょっと無茶振りしてみた。

「ドラムソロが聴きたい」

どうせ次の曲はドラム始まりなので、ついでにリクエストしてみたよ。
ちゃんとやってくれるところに、彼のキャリア、年輪の深さを感じました(・∀・)


予定外のドラムソロからの、

11.TAKE IT EASY

この曲のサビに出てくる、ちょっとした「キメ」が、公太と合わなくて、その合わなさ加減が面白いんだよね。
本番中も、8回ぐらい出てくるその箇所で、顔を合わせて
「合わねー」
って感じ。
6回目ぐらいから何となく合ってきたかな。


で、オレのギターソロ・コーナー。
もう、イメージの9割ぐらい指が動くようになったので、それを聴いてもらいたくて
12.Requiem
やりました。
出来はやっぱり9割ぐらいだったかな。


気が済んだところで、一人ずつメンバーを呼び込み、最後にカズヒコがゴッシーを呼び込む。


13."ZERO"

ブランクを感じさせないボーカル&ベースのプレイでしたね。
この辺りでステージドリンク(ビール)が枯渇し、客席から強奪して飲み始める。
181127_IMG_0858.jpg



14.SO LONG

この辺から、やってる方も最高潮に達します。
何故かここ3年ほど、途中の英語のアナウンスも担当させていただいております。


15.TIGHTROPE

16.真夜中のランデブー

いつもこの辺りはイっちゃってるので、記憶ありませんです。


アンコール1.風の詩

これも予定外で、岳春が叩くことに。
大丈夫なのか?と思ったけど、大丈夫だったね。
「客席ビール」も、冷えたものが用意されるという気の利きよう。
ありがとねー!!


アンコール2.遠い足跡

みんなの歌声がよく聴こえたよ。
この曲が最後って、ちょっと珍しい?

最後に記念撮影。
幽霊のように真っ白なゴッシー。
181127_IMG_0797.jpg


逆から見ると、こんな感じ。
181127_IMG_0855.jpg


あと、いただいたこの写真、とっても気に入ってます。
おっさん達のやり切った顔、最高でしょ?

181126_IMG_0791.jpg






それと、後で聞いた話なんだけど、この日のPAさん、妙に本番中もノリノリで仕事してるな〜と思ったら、終了後カズヒコにこう話したそうです。

「THE HEARTは私の青春でした!」


何だよ、先に言ってよ〜


打ち上げで飲みに行ったお店、奥の座敷では、何と数十名のファンの方々がこれまた打ち上げており、何故かご指名をいただいたので、ほぼそちらで飲んでた記憶。
しかし、店を出てから寝るまでのことは全く覚えてない。
という、1日目、ライブからの流れでした。

最高な夜をありがとう!!

明日は高岡への移動編(予定)です。
コメント
この記事へのコメント
THE HEART 30thLIVE お疲れさまでした!!

演奏したアーティスト側からの一言付きセットリストって、想い出が蘇りやすくていいですね!
(高岡の本編&打ち上げ編も楽しみにしています)

あの衝撃的な事故から54日目のLIVEを足掛かりに、ここまで回復したんだ・・・、とRequiemを始め、領さんのギターを聴いていて感無量でした。

手術からリハビリまで、領さんの左手に関わった方々が、Requiemを聴いたら。
患者さんの機能回復の手助けを生業にしている方々だけに、ファンとはまた違う観点から喜んでくれるでしょうね~。

とはいえ、ここまで回復してきたからこそ、まだあれがやれない、これもやれない、ということもあるようですが。
くれぐれも無理はし過ぎないで下さいませ。
2018/11/28 (水) 01:56:00 | URL | JUNJUN #U6M1AWu2[ 編集]
>JUNJUNさん
ご来場ありがとうございました。
そうなんですよね〜
復帰したては「こんなに弾ける!」と感動したものですが、今ではジレンマとの闘いです。
今後とも精進します!!
2018/11/28 (水) 10:17:00 | URL | ryo #-[ 編集]
お疲れ様した!

行きたかったけど、我が家の事情的に泣く泣くな感じで。
ノーカンで始まる赤い~聴いたら泣いちゃってたでしょうね、間違いなく。フラッシュバックでステージ向こうから陽があがるかのような妄想ができる、店長、もとい転調も含めイントロにして感動的です、この曲は。
警告の鐘のF→Gはよーく分かりますよ(笑)

逆にSTARDUSTのソロ前の件が・・・1番終わり直後に直前のドラム刻みが入るってことですか??

遠い足跡のラストってのは一番グッときます、個人的に。
あーやっぱ行きたかった!!
2018/11/28 (水) 14:16:14 | URL | beacha #-[ 編集]
>beachaさん
それは残念でした・・・
しかし、この文章で色々通じてるところがスゴイw
STARDUST、サビ終わりにAが4小節あって、4小節目にドラム(他)のキメがありーので、ギターソロってなってたのですが、キメが2小節目に来て、すぐソロって感じで・・・
もしかして原曲がそうだったかな?と思って聞いてみたけど、やっぱり4小節でした(・∀・)
2018/11/28 (水) 17:17:48 | URL | ryo #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/29 (木) 20:53:56 | | #[ 編集]
祖父さんの7回忌で参加できず・・・。

最初、出張と偽って参加を考えていましたが、
すんでのところで思いとどまりました。

でも、やっぱり行くべきだったなぁ!
2018/11/30 (金) 00:55:30 | URL | サイレン #-[ 編集]
>匿名さん
ご指摘ありがとうございます。
事実関係に相違ないので、問題ありません( ´ ▽ ` )ノ

>サイレンさん
いや〜絶対来るべきだったでしょう(・∀・)
次回があれば是非!
2018/11/30 (金) 19:09:56 | URL | ryo #-[ 編集]
強行することもできなくはなかったですが、
家族の顔が脳裏をかすめまして
嘘のつけない損な性格です

次回は是非とも!!

あっ、次回ありますよね?
2018/11/30 (金) 23:18:07 | URL | サイレン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.