FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

空港サバイバル

2018年9月4日、「非常に強い台風」が25年ぶりに日本に上陸。関西や東海地方に甚大な被害をもたらした。
SNS、特にTwitterのオレのタイムラインには、この世のものとは思えないような動画が次々と流れてきた。
自動車や建物の一部が当たり前のように吹っ飛ばされ、ローソンの看板が道路を疾走したり、ベランダが引きちぎられたマンションとか。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げるとともに、一刻も早い復旧を祈ります。

さて、今回衝撃的だったのが、奇しくもこの日24年目の開港記念日を迎えた関西国際空港、通称関空の水没、そして連絡橋にタンカーが突っ込むというダブルショック。
結果、3,000人とも5,000人とも言われる人たちが、陸の孤島となった空港に一晩足止めを食った。
しかも、停電でクーラーも効かなかったとか。当然、スマホなどのコンセントからの充電もできなかっただろう。(←これ大事)
オレも海外の空港などで、散々な目に遭ってきたが、例えばシカゴで放火により全てのフライトがキャンセルになった時も、ここまで酷くはなかった。
なぜなら、外に脱出することが出来たからだ。
あの時は、見ず知らずのアメリカ人に、およそ350km離れたインディアナポリスの空港まで車で送ってもらった。
シャワーまで浴びさせてもらったっけね。
一本しかない連絡橋がやられたら、もうどうしようもないよね。

今回、日本人はともかく、外国人はさぞ心細く、そして困ったことだろう。
幸い、関空には1万人分の食料が、5日分ほどビーチク、じゃない備蓄されていて、今回はそれが活用されたそうだ。
こんな時こそ、助け合いの精神が大事だな〜と思ったのと同時に、やっぱりモバイルバッテリーは持ち歩くべきだと再認識。

180905-01.jpg

180905-02.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.