FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

甲子園終了

記念すべき、夏の全国高校野球、第100回大会が終了した。
今年も、地方大会から相当面白かった。

うちの息子の高校を4回戦で破った東亜学園。
その東亜を準々決勝で破った帝京。
その帝京を準決勝で破った、都立の小山台。
その小山台を決勝で破ったのが、甲子園常連の二松学舎。
東東京大会だけでも、これだけのドラマがあった。

そして、舞台は夢の甲子園球場へ。
今大会の一つの見どころは、「レジェンド始球式」。

初日の第一試合は、あの松井秀喜氏。
今でも語り継がれる、明徳義塾・馬淵監督による「5打席連即敬遠」は、我が家にもVHSが残っているはず。
そして、あろうことか、その第一試合に登場したのが、松井氏の母校・星稜高校だった。
すでにその時点で神ってましたね。

今年も忘れられない試合がたくさんあった。
タイブレークあり、逆転満塁サヨナラホームランあり、逆転サヨナラツーランスクイズあり。
もう毎晩、テレ朝の「熱闘甲子園」が楽しみすぎて仕方なかったよ。

そして、決勝の金足農業VS大阪桐蔭。
結果は王者・大阪桐蔭の圧勝で、史上初の2度目の春夏連覇となったが、金農の吉田投手は、多くの人々の記憶に残っただろう。
個人的には、星稜を破った済美の山口投手も、強烈なインパクトだった。
大阪桐蔭・藤原、根尾は、最後まで侍の顔立ちだった。
彼らの今後の活躍が本当に楽しみだ。
どうか今は、ゆっくり体を休めて欲しいと思う。

180821.jpg
コメント
この記事へのコメント
私は、山口、吉田、小寺が印象的でした
特に山口くんの負けた後の清々しい笑顔💕
高校野球っていいですよね〜
弱くても、強くても色々エピソードがありますよね
今日から、何したらいいんだろう…
2018/08/22 (水) 12:25:37 | URL | #-[ 編集]
>?さん
確かに、今年は喪失感半端ないですよね・・・
自分は高知商業の3塁コーチ、山中君も強烈に記憶に残りました。
2018/08/22 (水) 18:14:59 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.