FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

W杯日本対セネガル戦

日曜深夜、メアリーのライブ終わりで観戦したこの試合。
実は、セネガルの2点目の時には、完全に意識を失っており、日本が追いつく寸前に目を覚ましたので、本田△のゴールで勝ち越したと思い込み、ぬか喜びしていた(・∀・)
ま、追いつかれて引き分けるのと、追いついて引き分けるのでは、ムード的に雲泥の差だし、かなり手ごわい相手だとわかっていたので、試合内容的には上出来だろう。
川島、いや何でもない。

ところで、中1日経って別なものも見えてきた。
それは、セネガルの人たちの国民性(と言っては大袈裟か?)

例えば、今では世界的に名物となっている、日本サポーターのゴミ拾いを、セネガルのサポーターも積極的に行っていること。
これは確か、前の試合でもやっていたと思うが、対戦した両国が同じタイミングで行うのは壮観だ。

あと、こんな動画も見つけた

肩を組んで「ウィーアー!」を共に熱唱する、日セサポーターたち。
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1010953788050599936/pu/vid/720x1280/_L2ZXOG2Y_hbqH8l.mp4

何かご機嫌でしょ?
こういうのを見ると、やっぱり国際大会っていいな〜と思ってしまう。

そして、一番感銘を受けたのは、セネガルのイケメン監督、シセさんの、試合後のコメント。

サッカーは大きくても強くても勝つことはできないというのがよくわかるゲームだった」
「この試合は引き分けが妥当だと本当に思っている」
「もちろん勝てれば良かったが我々もそして日本もフェアなゲームをしたと思うし力は出し尽くしたと確信している」
「悔しさもあるが、それよりもこのゲームを世界の皆さんにお届けできたのは喜びを感じている」
「サッカーは南米だけのものでも欧州だけでもない」
「アジアでもアフリカでも遜色ないゲームをするチームがいるというのを分かっていただけたと思うし誇りに思う」


心の中までイケメンかよっ!
いつか行ってみたいと思いました。セネガル。
パリダカのゴール地だよね?九州で言えば佐賀県あたり。

180626.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.