FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

あの日をわすれないよ

「あの日」から今日で7年。
「もう7年」なのか、「まだ7年」なのか。
我々は様々な傷を負ったと共に、人の心の温かさにも触れることができた。
今はお休みしているが、ワールドツアーもあの震災がきっかけで始まったと言ってもいい。
あの日、高校の卒業式だったうちの娘も、今は世界を駆け回っているし、小学生だった息子はギターを弾きまくっている(あまり関係ない)。
180311_IMG_0594.jpg


ただ、喉元過ぎて熱さを忘れてないだろうか?って思う時もちょいちょいある。
あの痛みを、我々は決して忘れてはならないと、気を引き締める1日が、年に1度ぐらいあってもいいと思う。
コメント
この記事へのコメント
先日、猛吹雪で信号機に雪が詰まり、色が識別出来なくなった信号が、多数ある道路を通勤した時に、東日本大震災が遭ったあの日、停電で信号が灯ていない道を帰った事を、思い出しました。あの時は時間が止まっている景色の中を、車で走っている感じでした。停電してるだけなんですけど、あって当たり前と思っている物がないのは、異世界のようでした。
そんな感じに、あの日を思い出すことはあります。

時が経てば、記憶は薄れて、思いも変わるというのは、仕方がないことではありますけど、忘れてしまったことを思い出すのが大事なのかもしれないですね。
そうやって、起こったことを風化させない!という意味では戦争とかも同じかな?って思います(๑˘ ˘๑)*.。
2018/03/13 (火) 06:43:18 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
>シャティグレさん
その通り!生きている我々ができるのは、まず「忘れないこと」ですね。
2018/03/19 (月) 18:02:42 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.