FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

Welcomeback! My baby

先月ぐらいだったか、稚菜のリハでスタジオに入ってて、マイベイベーの変調に気づいたのは。
基本、稚菜のステージでは、メイン機・James Tayler Variaxで、Martinあたりのアコギの音を使っているのだが、3弦の2フレットだけ、シタールみたいな音がするんですよ。
確かに、シタールの音もシミュレートできるんだけど、そんな一部の音程だけ別な楽器の音が出せるといった不要なアップデートがあったという話は聞いてない。
多分、ネックが反ったとか、どっかがどうなったとかという、物理的な不調だと思うんだけど、そう言ったメカニカルなことにはさっぱりなので、とりあえずここ2本ほどのライブは、息子のギター(同じくVariax)を借りるという、プロとしてはあるまじき暴挙に出ていた。

そんな折ですよ。かつてのメイン機「赤チャイナ」の生みの親Y氏が、現在はお茶の水界隈の某楽器店におられることを知ったのは。(ちなみ葛城哲哉やシャケ木暮のギターも作っていた人)
早速泣きついてみたよ。「シタールみたいな音がするんです〜」って。
「すぐ直してやるから、持っといで〜」
と、快く引き受けてくれました。
弾く人の性格まで考慮して、ギターを調整するというその神職人。完璧に調整してくれました。しかも格安で。
「詳しいことは、今度呑みながらでも説明するよ」
とのことで、どこがどう悪かったのかはまだ分からんのだが、今日リハで弾いてみたら、新品以上の仕上がりになってた。
本当にありがとう!
明日、そして月曜のライブは頑張るぜ〜い!!

180216_IMG_6436.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.