FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

殺人犯はそこにいる

一時、ヤフーニュースのトップにもなった記事。
「Amazonプライムオリジナルのドラマが、パクりなのではないか」
ドラマは「チェイス」というタイトルで、パクられ元とされるのがこの「殺人犯はそこにいる」という本。
「足利事件」という、1990年に起こった幼女誘拐・殺人事件を扱ったノンフィクションで、当時テレビ局のディレクターだった清水潔が、取材に取材を重ねて、犯人として無期懲役判決を受け、服役していた菅谷氏の冤罪を証明するに至るまでのドキュメント。
前述の「パクりドラマ」と言われるものが、どれだけパクりなのか、そして何が問題とされているのかが知りたくて、まずは配信されているドラマ6話を一気に観た。
ドラマに関しては、また機会を見て書こうと思うが、まずはこの本の威力に圧倒された。
著者は以前、雑誌「FOCUS」の記者だった時にも「桶川ストーカー事件」を取材し、埼玉県警の失態をあぶり出し、被害者家族の名誉を回復させるなどの功績を、メディアという立場からあげている。
そして、この「足利事件」でも、菅谷さんの名誉を回復させるだけではなく、同じような時期に、近場で起こっていた類似の事件との関連を指摘。つまり、菅谷さんが犯人ではないということは、他に「殺人犯が存在する」、つまりまだ事件は起こり得るという警鐘を鳴らしているのだ。
同時に、栃木県警の、当時のずさんな捜査も厳しく追及。清水氏がほじくり返さなかったら、事件の真相は、菅谷さんとともに、永遠に闇に葬り去られたと思うと、背筋が凍るね。
いや、真相は未だに闇の中なんだけど…(清水氏的にはそうではないのだが、これ以上はネタバレになるので…)
きっと似たようなケースは、他にもゴロゴロ転がってるのだろう。
この人の本を読むと、いかに警察という組織がいい加減なものかと、憂鬱な気分になる。
もちろん、優秀な警察官はもっといるだろうし、日本の治安は、諸外国に比べ格段に良いという事実もあるけどね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.