FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ドラマ】 今期の神最終回

ようやく今期のドラマもほぼ全て終了し、継続視聴していたものに関しては、(録画していた)最終回も観終わった。
最近、あまり最終回が良かった〜!!ってのがなかった気がするけど、今期は以下の作品が良かった。


「刑事ゆがみ」
浅野忠信らしい、とてもキャラの立った主人公で、最終回には喜怒哀楽に適度なギャグもちりばめながら、そして様々な布石も回収しながら、見事に演じ切ったな、という感じ。
脇を固める人たちも、かなり頑張った。


「セトウツミ」
当初はただの会話劇で、ひょうきんな大阪の高校生の日常かと思いきや、ラスト2話ではガラリと世界観が変わり、内海くんを取り巻く特異な環境と心の闇、そしてそれを救う瀬戸と仲間達という、まさかの展開。
最後の最後が、ラインのやり取りの文字だけで成立してるのは、それまでの二人の演技があってのことだったと思う。
観終わったのに、なぜか録画を消せずにいる。


「アシガール」
原作がしっかりしている、という事もあるんだろうけど、ストーリー、脚本ともよくできていて、黒島結菜の魅力を150%引き出す事に成功していた作品だと言えるだろう。
観終わって心がほんわかした。これも「消去できない最終回」となっている。

「陸王」、「コウノドリ」あたりも、予定調和ながら納得のいく最終回だったと思う。


一方、「監獄のお姫様」「明日の約束」などは、さんざん気を持たせた割には肩透かしを食らった感満載。
大河は論外。
来年に期待だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.