新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

アウトロもっと頑張れ

前に、「名曲はイントロから名曲」って書いたけど、アウトロ(エンディング)も大事だと思う。
大概の場合においては、イントロ、またはサビの変形で、繰り返しながらフェイドアウト、なんてのが多いよね。
ブルースなんかだと「ターンアラウンド」などという定番パターンがあって、これを発明した人も天才だと思うけど、それ以外だとどうだろう?
「イントロ編」で紹介したChicagoの曲は、実はアウトロがグダグダなんだよね。
「Can't take my eyes off of you」」はフェイドアウトだし。
イントロで掴んで、本編で聞かせたら、アフターサービスまできっちり責任を持っていただきたい(・∀・)

個人的アウトロ&エンディング世界一は、Deep Purpleの「Smoke on the water」のライブインジャパンのやつだな。 
Eaglesの「Hotel California」のライブ盤も秀逸。
ピンクレディの「渚のシンドバッド」は、振付も含め、ナイスだった。イントロの変形パターンだけどね。
A-JARIのとある曲で丸パクリしてるんだけど、分かる?(・∀・)
Queenの「Bohemian Rhapsody」も名曲らしい締めくくりで好きだ。
最悪だったのは「およげたいやきくん」あたりか。
盛り上げるだけ盛り上げて、あれはないだろ〜と、子供心に思ったものだ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.