新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

インターホン
刑事ドラマなどで、いまだに多いシーン。

「ピンポーン」(または「コンコンコン」)→ガチャっ→悪い人入ってくる


ドアスコープも覗かず、無防備にドア開けるか?
そして、どれだけ普及してきているのか分からないけど、最近はモニター画面付きのインターホンでしょ。
そろそろドラマ界にも普及させてあげて欲しい。

なんて事を思っていた今日このごろだったが、ある日うちのマンションのインターホンが、システムトラブルだかなんだかで、1日使えなくなるという事件があった。
マンションの仕組みとしては、まずエントランスでピンポンしてもらい、オートロックを解除する。
次に、エレベーターホールにも同じくインターホンとオートロック。
で、最後に家の玄関にまたインターホン。
このように3段階を踏んで、アマゾンで買い物した「ドナルド・トランプ暴言集ブルーレイ15巻セット」が届くわけだ。
そしてその間、3回モニターを通じて、宅配便のお兄さんのご尊顔を拝むという手順を踏む訳だけど、これ、インターホンが使えないと、基本的にお兄さんはうちのドアまでたどり着けないことになるんだよね。
その日はオレは不在だったので、どのように対処したのかは想像するしかないんだけど、文明に頼り過ぎて落とし穴にはまることって、ちょいちょいある気がするんだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.