新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

入院ドキュメント、その1



昨日、手術台に横たわっていた1時間半(実際の手術時間は40分弱)、気を紛らわせるために、
「この一連の出来事をドラマ化するとしたら、キャスティングはどうするか」
などというのをシミュレーションしてみた。
なので、今回は、勝手に俳優さんを起用してお送りします。

何せ初めての入院生活ってことで、いろいろ準備が必要で…
前夜から、荷造りなどをしていて、何かに似てるな〜と思ったら、そうだ!旅に出る感じだ。
永遠の旅にならなければいいけどね。

さて、昨日よりちょっと遅い時間に自宅を出たオレ(成宮寛貴)は、再びカミさん(菜々緒)と新橋に向かう。
9時からチェックインできるということで、ちょい過ぎぐらいに着いてみた。さほど待たされることもなく、入院係の女性(清水富美加)が案内してくれた部屋は、我が家より少しだけ低いフロア。
だが、なかなかの眺望。
部屋からは虎ノ門ヒルズなどが見えるし、

170705_IMG_4757.jpg


「デイルーム」という、24時間利用可能な、ラウンジ的なところからは東京タワー。

170705_IMG_4761.jpg


ちなみに、夜景はこんな感じ。

170705_IMG_4783.jpg




ベッドはこんな感じ。もちろん電動で上がったり下がったり、リクライニングしたり足元が上がったりするやつである。

170705_IMG_4754.jpg


体温計やら、テレビ用のイヤホンやらのアメニティも充実。

170705_IMG_4753.jpg


テレビは、リモコンで向きなども変えられる。

170705_IMG_4755.jpg



洗面所周り。

170705_IMG_4758.jpg


マスクや手袋が使い放題?

170705_IMG_4759.jpg



廊下なども開放的で、なかなか良い雰囲気である。

170705_IMG_4762.jpg



Wi-Fiも、かなり太い回線が通ってるみたいで、病室、デイルームとも動画とかもガンガン観られます。(これ、非常にポイント高いです)

ま、あまり繋いでる人がいないのかもね〜
だって、周りはほとんど老人。
ついでに言えば、ほとんど病人。皆さん、具合悪そうな人が多いです。

ま、そりゃそうか。病院だもん。

とりあえず部屋でくつろいでいると、まず最初に薬剤師の方(木村多江)が訪れ、現在服用中の薬などについて詳しくインタビューを受ける。

次に、昼間の担当の看護師の方(はるな愛)が見えて、一連の流れや、施設についてなどの説明。

その後、整形外科から来た連絡係らしき方(木村文乃)が、左腕に何やらマジックで落書きして帰った。

オレの手術は、土曜に急に決まったイレギュラーなものなので、何時になるのかははっきり分からないが、分かっているのは本日のトリってことだけ。

ま、ゆっくり昼食でも楽しみましょうよって、出てきたのがこれ。

170705_IMG_4766.jpg

オペ前食はこれらしい。
マジか…





とりあえず「デイルーム」という名のラウンジで、今できる仕事など色々してみる。なんか空港のラウンジみたいなノリ。
その間にも続々と舞い込む、皆様からの応援メッセージと業務連絡。
ちゃんと応えられてなくてゴメンなさいね。

170705_IMG_4769.jpg


さて、朝鮮中央テレビが何やら発表を始めた頃、ナース(南沢奈央)が
「手術、始まりますよ」
と迎えに来てくれた。
どうやら送迎担当らしい。
車椅子を持ってきてくれたが、とりあえず往きは歩いていくことに。

エレベータで下ること10フロアちょい。手術室の前室みたいなところで待たされる。
カミさん(片平なぎさ)とは、ここでお別れである。

程なくして、先日の救急搬送の時に大変お世話になった外科の中堅ホープ・Y先生(高橋一生)ら4人のスタッフが現れた。
あの時は、たまたま救急に居合わせただけで、白衣も来ておらず、最初は事務の方かと思ったが、今日はバリッと術着を決めていらっしゃる。
思えばあの時の迅速な判断と適切な処置、そして今回の強引な段取りがなかったら、ワタシ(小出恵介)のギタリスト人生は終了していたかもしれない。

そういえばあの日、Y先生は
「当日は僕も手伝いますが、執刀はもっと上手な先生にお願いしました。」
と言っていたが、今先生の傍にいる「もう一人の外科医」らしき人(平岡祐太)は、あまりに若く見える。
「本当にこの人で大丈夫なんだろうか?」
不安の中、手術室へ同行し、自らの足で手術台に登り、横たわる。
「大丈夫ですよ、楽にしてください」
と、オペ看さん(吉田羊)が耳元で囁く。
「器具を着けていきますね〜 ちょっと胸元失礼します」
と、器械出しのナース(松井玲奈)。
「ギター、メインは何を使ってるんですか?」
などと、無意味な質問でリラックスさせてくれているのか?謎の若手(平岡祐太)
「LINE 6って知ってます?」
「もしかしてVARIAXですか?」
マジな質問だったよ(・∀・)
なかなかの楽器通であるが、オペの腕前の方やいかに…

しかし、本当の執刀医はやはり彼ではなかったのである。
果たして?

(続く)
コメント
この記事へのコメント
あかん
笑ってしまう…(^o^;)
2017/07/06 (木) 02:39:04 | URL | しろあ #w6B0fX.w[ 編集]
領さん個室かな?窓から見える景色一つだけでも気分的に違いますよね。目の保養もしつつ、清拭なんかもあったりして?レポートの続きを楽しみにしています(^-^)
2017/07/06 (木) 03:34:22 | URL | 関西人 #-[ 編集]
私も笑えてしまいました!
「オレ」と「カミさん」の俳優が、途中から変わってる…
2017/07/06 (木) 05:40:16 | URL | june #-[ 編集]
手術中に(←って私は言えませんw) 気を紛らす為とはいえ、ここまで考えられる領さん、やっぱり強者過ぎですww
第2話、楽しみしてまーす(*'▽'*)♪
2017/07/06 (木) 06:40:12 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
>しろあさん
笑っていただけたのなら何よりでございます!

>関西人さん
景色は良かったけど、それ以上の美味しいことは特になかったです(・∀・)

>juneさん
この後もダブルキャスト、トリプルキャストの豪華俳優陣でお送りします!!

>シャティグレさん
スタッフさんの中にも、「言える人」、「言えない人」がいて、なるほど、ドラマって結構リアルだな、などと密かにニヤニヤしておりました(・∀・)
2017/07/11 (火) 15:32:08 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.