新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

新幹線が止まってた話
一昨日、大雨により架線が切れたとかで、東海道新幹線が長時間に渡ってストップしたというのを、ニュースやSNS で知った。
世界ツアーの仲間である松田FIREは
「いつぞや、3日半かかって現場に辿り着いた事に比べれば、屁でもない。むしろゆっくりできた」
と呟いていたが、まさにその通り。
「いつぞや」とは、2014年のアトランタのことであるが、詳細は割愛。

で、ふと思い出したのが、1990年ぐらいの、THE HEARTのツアーだったかな。
大阪とか広島あたりから東京に戻る新幹線が、台風の影響でストップ。結果的には6時間ぐらい止まってたかな。
たまたま、我々の乗った車両は、豊橋の駅ホームで止まったため、「閉じ込められる」ということはなく、ドアは開いており、出入りは自由というった状況だった。
とはいえ、駅から出られるわけではなく、程なくして車内販売や駅売店は売り切れ状態。
しかし、我々にはファンの方々という、ありがたい味方があった。
当時、ネットやSNSがあったわけではなく、当然携帯もなかったのだが、なぜか我々の置かれている状況を知った地元のファンの方2名が駆けつけてくれたのだ。
しかもありがたいことに、ケンタッキーフライドチキンのパーティーバーレルやら飲み物やらの差し入れ付き。
周りの乗客さんたちの羨望の眼差しを一身に受けつつ、ありがたくいただいたのでした。

でもね、自分の乗った新幹線が止まっちゃったので、この時だけじゃないんだよね。
THE HEARTのツアーでも、少なくとももう2回ぐらい経験してるし、中学の時、伊藤信雄さんと四国を旅した帰りにも止まっちゃって、新学年の始業式に間に合わなかったこともあったっけな〜
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.