新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ダブルチョーキング


今、自分が関わっている稚菜やMary's Bloodなど、今時の人たちは、例えば誰かのカバー曲などをやろうってなると、どっかのweb上から歌詞や譜面を探してきて、スマホの画面を見ながら演奏する、などというスタイルが当たり前のようだ。
そして、アマチュアであるうちの息子も、同じくその方法で色々な曲をコピーしたり、様々なコードや奏法などに関する情報を得ている。

その息子がある日、突然「ダブルチョーキング」という技を使い始めたんだけど、これだ何とも酷い音。
そもそもチョーキングとは、弦を押さえた指をグイッと押し上げて、音程を上げるという、ギターならではの奏法。
そして、ダブルチョーキングとは、例えば人差し指で2弦の12フレット、つまりBの音を押さえながら、中指で3弦14フレット、Aを押さえ、両方の弦を弾きながら3弦だけをチョーキングして、AからBに上げることによって、特徴的な厚みのあるBの音を鳴らすことができる、という、ロック界においては比較的スタンダードな技だ。
ところが、ネット上で中途半端に情報収集してた彼は、両方の弦を同時にチョーキングしようとして、おかしな事になっていた。
親父がギタリストじゃなかったら、このまま誤った方法を覚えていたかもしれない。
命拾いしたな(・∀・)
って大げさか…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.