新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

赤旗コード(続き)


さて、ようやく本題。
今日はちょっとマニアックに語ろう。

まず仮タイトル「アカシア」と言われていたこの曲、非常に転調が多い。
イントロはF#マイナー最初のコードはAだけど)というキーで始まり、9小節目からもうAマイナー(Cスタート)になる。
ギターソロ後、Aマイナーのサビが1回あって、Bフラットマイナー、Bマイナーと半音ずつ転調して行く。
イントロ、アウトロはサビと同じメロディなので、全部で8回以上、同じ主題が出てくるのだが、「4C」、つまりギターソロ後、3回目のサビだけ、同じメロでもコードだけ変えてある。
キーを「Aマイナー」に置き換えて比べてみると、こんな感じ。(実際はBマイナー)
170529_IMG_0547.jpg



この動画でいうと3'25"あたりからの「そして人々は全てを忘れてしまったように」の部分。
このアルバム、山中湖のスタジオで合宿レコーディングで、まず録る前にオレがサラサラをコード譜を書き、全体の進行とコード、ある程度の「決まりごと」などを確認し、その後「せーの」でサウンドチェック、レコーディングに入るという形だった。
その譜面を見て、メンバー及びプロデューサーの田中一郎がざわついた。
「ここ(4C)だけ、コード違わない?」
「なんでマイナー始まりなん?」

うん、そうなるよね、譜面だけ見たら。

他の曲は、オケ録ってから歌詞を考えて、唄を録るというのがほとんどだったんだけど、この曲に関してはもう歌詞はできていた。
先に表現したいことが決まっていたので、当然それに寄せたアレンジをすることができる。(それが本来あるべき姿だと思うんだけど)
この曲のこの部分は、「社会主義国」、または「共産圏」の空気みたいなのを、響きで表現したかったのだ。
中国というよりも、ロシアに近いイメージなんだけどね。
なので
「騙されたと思って、やってみようよ」
などと、妙な言葉でメンバー&一郎さんを説得したのを今でも覚えている。

で、やってみて
「おお!これいいじゃん!!」
ってことになり、あの名曲が完成したのでした。
めでたしめでたし。


コメント
この記事へのコメント
この曲は好きな歌の1つですが転調が多いなって思っていたらそんな苦労があったんですね。いい曲、歌詞ですね!!
2017/05/29 (月) 22:28:11 | URL | まほら #-[ 編集]
この曲はTHE HEARTで一番大好きな曲です。

楽器の弾けない僕にも、
最後の部分のコード違いは
当時からお気に入りでした!
会心のアレンジですね!!

でも、詩だけじゃなく曲も
ホントに領さんが書きそうな曲なんですよね!!

2017/05/30 (火) 00:03:06 | URL | サイレン #-[ 編集]
>まほらさん
ありがとうございます!
最初のデモでは、転調はイントロで1回するだけだったんですけどね〜
ドラマ性を持たせたくてああなりました。

>サイレンさん
気に入っていただき、ありがとうございます!
マジで、最初聴いた時「オレっぽい」と思いました(・∀・)
2017/05/30 (火) 21:26:59 | URL | ryo #-[ 編集]
この曲初めて聞いた時
ガツンと心に響いたよー。
メロディも独特だし歌詞も良いよね。
2017/05/31 (水) 20:06:16 | URL | 植村 #t7OvKA5I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.