新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

N響


子供の頃、よくNHK交響楽団のコンサートに行った。いや、「行かされた」が正しいか。
貧しかった我が家のどこにそんな余裕があったのか知らないが、少なくとも月1ぐらいでは通っていた。いや「通わされていた」が正しい。
最初の何度かは親に連れて行ってもらっていたが、その後は一人で行くことがほとんど。
場所はもちろんあのNHKホール。(その後何度か自分もそのステージに上がることになるのだが、それはまだ先のことである。)
観る者の作法として、演奏中にお喋りはもちろん、咳やくしゃみなどももってのほかなので、曲間になると、皆ここぞとばかりに咳払いをするのが、子供心に可笑しかった。
それと、客として来ているのにヴァイオリン(ケース)を持ってくる人。
あれは一体何アピールなのだろう?と疑問に思ったものだ。
音大生なんかもいたんだろうけど、おっさん、おばはんが結構いた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.