新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

iPadで譜面を書く


ワタシが作る譜面は、通常「他人様に見せる用」と「自分用」、もしくは「ごく親しい人用」とでちょいとだけつくり方が違う。
まず、他人様用は、PCでCUBASEという打ち込みソフトでMIDIから起こす。
それをPDFに書き出し、完成。

対して自分用の場合、CUBASEで作成することもないこともないが、基本的にはUPad3というアプリで、手描きによりベーシックなものを作る。これにはリハーサルマークだとかコードネームなど、「譜面」として基本的なものだけを書き込む。

そうして造られた譜面を、今度はPiascoreというアプリに転送。
このアプリの特徴は、セットリスト順に並べることができて、組み合わせとして保存できること。
そして、いろいろと書き込めること。
なので、「いつのどのライブのセットリスト」という組み合わせを作り、エフェクターのパッチナンバーなどを書き込む。
基本、リハーサルではこれを使い、その場でどんどん書き込んでゆく。
曲構成など、その時によって変わることもあるので、リピート記号などはこの時点で書き込むのも良いだろう。


それをiKlip Stageというアプリに転送。
このアプリの特徴は、譜面を足でめくれること。
どういうことかというと、BlueBoardというペダルとBluetoothでリンクし、そのペダルでページを行ったり来たりできるということ。
演奏で両手がふさがってても大丈夫というのが素晴らしい。
ただし、譜面に書き込めるという機能はない。ひたすらリードオンリー。
歌詞が怪しい人にもオススメのアプリである。

170320_IMG_4261.jpg



コメント
この記事へのコメント
歌詞が怪しい人にオススメのアプリを、3月4日のLIVEで生命線が何とか…と言って、歌い直した方にオススメしてあげて欲しいです(*'▽'*)♪
2017/03/21 (火) 00:11:09 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
>シャティグレさん
生命線、そんんだ大事なものを他人任せにしちゃダメですよねー(・∀・)
2017/03/21 (火) 16:25:28 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.