新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

さらば清水富美加
この方を最初に認識したのは、鈴木亮平主演の映画「HK 変態仮面(2013年)」だった。
その後ドラマの脇役やCMなどをどんどんこなし、2014年の「ペテロの葬列」、そして2015年の朝ドラ「まれ」など辺りから、かなり重要な役を任されるようになる。
同じ年の深夜ドラマ「となりの関くん」では主役を務め、昨年の「家政婦のミタゾノ」でも準主役級。
前にも書いたが、この女優さんの「うろたえ芸」は堂に入っており、この若さにして中井貴一に匹敵するほどのものを持っていたと思う。
今年のドラマ「バイプレーヤーズ」で本人役として出演したのが、まさか最後になるとは思わなかった。

これでお別れなのは残念だけど、確実に我々の記憶に残る女優さんだったと思う。
志半ばにして倒れてしまう人もいる世界で、彼女には今後の人生を大切に歩んで頂きたいと願うばかりである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.