新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

巻き戻しとタバコ

昔と違って、最近のレコーディングはスピーディーだ。
テクノロジーの進化によるところがかなり大きいと思う。
そのうちの一つが「ハードディスク」。
90年代の頃は、まだ「テープ」に音声信号を記録していた。
カセットテープのもっとデカくてエラいやつに、48トラックほど録音できて、足りない部分はそれはそれでやりくりをしていた。
現在はそのようなテープなどは使用しない。PCのレコーディング用ソフトウェアとストレージで、ほぼ完結する。
この変化によりなくなったのが「巻き戻し」の時間。

例えば、ギターダビングの場合、「弾く(録る)」→「巻き戻す」→「聞く」→「弾く」
納得の行くトラックが録れるまで、ひたすらこの繰り返しである。
その間、大概目の前の灰皿には、火のついたタバコが置かれており、巻き戻しの時間は喫煙タイムだった。

タバコはもう吸わなくなったにしても、現在ではなくなってしまったこの巻き戻しの時間は、もしかしたら必要なものだったのかもしれないと、最近よく思う。
例えば昔は8時間かかってた作業が、今では2時間ほどで終わるようにはなったのだが、脳みその疲れ方がハンパないのは、そのせいなのではないだろうか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.