新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【映画】「シン・ゴジラ」
幸いにもまだ劇場で観られるようだったので、遅ればせながら先日こっそりと観てきましたよ。
庵野監督の世界観は前から好きで、木場の東京現代美術館に「特撮博物館」を見に行ったりもしたもんだった。
今回のこの作品は、まさにその世界。「ゴジラ」というファンタジーに「リアル」をとことんぶつけたものだ。
リアルなゴジラに、リアルの日本政府がどう対応するのか?それに対して世界がどう反応するのか。
そこには様々なメッセージも込められていて、色々と考える機会にもなった。
「君の名は。」と同じく、東京の見馴れた風景がたくさん出てきて、地方の人には「はい?」って感じだと思うんだけど、オレにとってはとても身近に感じることができた。
キャストも、日本の俳優の半分が出てるんじゃないかってぐらい豪華だった。
そして、エンドロールに名前がありながら、本編には一度も登場しなかった野村萬斎さん。実はゴジラのモーションキャプチャー担当だったとか。何てゴージャスなんだろう。
様々な最新テクノロジーなどを駆使し、21世紀にふわさしい、そしてあの謙さん出演のハリウッド物をはるかに凌駕する作品でありながら、オリジナルに対するリスペクトも忘れない姿勢にも好感が持てた。
そして、我が師匠・鷺巣詩郎さんの音楽も最高でしたよ〜
やはり大画面で観られて良かったよ。機内で観る機会があったらもちろんまた観るよ♪

161206_IMG_3277.jpg


コメント
この記事へのコメント
第二形態の蒲田くん(蒲田に上陸したので、そう呼ばれています)が好きです。ただ、多摩川のくだりで、「何がなんでも東京に入れるな!」に、神奈川県民は複雑でした(。>д<)
2016/12/08 (木) 22:24:11 | URL | kozue #-[ 編集]
>kozueさん
大画面で見る蒲田くんは物凄い迫力でしたよね〜
東京では面倒見切れないので、そちらでお願いします(・∀・)
2016/12/09 (金) 18:22:50 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.