新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

機内関係まとめ(成田〜アムステルダム〜トゥールーズ〜パリ/KLM, AF)
さあ、一部のマニアの皆さん、お待たせしました!
今回は、行きはアムステルダム経由のKLM、帰りはパリ(CDG)経由のエールフランス利用、トゥールーズへの空の旅。早速まとめるよ!

KLもAFも、
預け荷物は23kg以内を2点まで
と、機材のある我々にはありがたいレギュレーション。
機内持ち込み手荷物は、55×25×35cm、重量は12kgまでを1点と、身の回り品1点。これもかなり緩い方。
今回はスーツケースが20kg、ギターケースが7.5kg、手荷物が8kgプラスMacBook Proなので、楽勝。

161126_IMG_3016.jpg


まずは往路。
成田(NRT)発オランダはアムステルダム・スキポール空港(AMS)行きのKL862便

実はこの便でAMSに渡るのはこれが3度目。前回(8月)はUSBも電源もないB747-400だったが、今回はボーイングB777-200の、比較的新しい機材だったので助かったよ。

161126_IMG_3022.jpg


機内はこんな感じで、ほぼ満席。日本人は6割ぐらいかな。
161201_IMG_3026.jpg

161201_IMG_3028.jpg




席は3-4-3の中央の島左通路側で、隣は空席というパラダイス。
151201_IMG_0514.jpg

電源もUSBも完備だよ!
161201_IMG_3025.jpg

161201_IMG_3030.jpg





予定より13分早い午前11時12分にランウェイ34Lより出発。
約1時間後におビールタイム開始。
161201_IMG_3033.jpg


そのおよそ30分後分後、午後1時10分にランチ。
ハンバーグは普通に美味いが、飲み物を訊かれ
「ビールとワイン」
と答えるも、どちらかにして下さいと言われる。これがKLMのスタンダードだ。
これさえなければな〜
161201_IMG_3037.jpg


そのおよそ4時間半後、日本時間の16時35分、アイスクリームの配給。
161201_IMG_3040.jpg


そして日本時間21時30分にディナー。トマトソースのペンネも、サーモンのサラダも美味しい。今回は、直前にビールをオーダーしておいて、食事にはワインを頼むという技を使い、ようやく「ビールチェイサー」をKLMで実現。
161201_IMG_3048.jpg



観た映画は「64(後編)」(やっと観られたが、映画館でわざわざ観なくて本当に良かったと思った)、「ヒーローマニア」ぐらいだったか。あまりエンタメは充実してなかったな。ま、おかげで録画してたドラマを5本ほど消化できたので良かったよ。

そんなこんなで、予定より35分早い現地時間14時55分にアムステルダム・スキポール空港に到着。
ランウェイは06。
161126_IMG_3053.jpg


飛行時間11時間43分
飛行距離9318km










続いてアムステルダム発トゥールーズ行きのKL1313便
実はこれも、2012年に一度乗っている。


機材はEmbraer 190。100人乗りぐらいの小型機だ。
161201_IMG_3080.jpg


機内はこれまたほぼ満席。日本人は見たところ我々だけのようだ。
161201_IMG_3081.jpg

161201_IMG_3082.jpg


シートは革張り。2-2の左側の島、通路側。
161201_IMG_3084.jpg



予定より1時間遅れて、現地時間21時35分にRWY36Cより出発。
ただし、1時間遅れはかなり前から分かっていたので、その分ラウンジでゆっくりできた。


45分後に軽食。一応国際線なので、ワインなんかもあった。
161201_IMG_3089.jpg


この巻物が、ちょうど小腹を満たしてくれてご機嫌だったよ。
161201_IMG_3090.jpg




予定より37分遅い、23時7分にトゥールーズ到着。ランウェイは14L。
ま、1時間遅れで出た割には頑張った方だよ。
お宿に着く頃には日付変わっちゃったけどね。
161201_IMG_3094.jpg



飛行時間1時間32分
飛行距離997km


KLはエンタメがショボいのと、食事時にビールとワインぐらい同時にサービスしてくれよ、と思う。
もちろん、CAさん自体のサービスはとても良いと思うけど。







そして復路。トゥールーズ発パリ・シャルルドゴール行きのAF7517便


機材はA321
161129_IMG_3211.jpg


機内。
我々の他に2人ぐらい日本人がいた。
161201_IMG_3214.jpg

161201_IMG_3216.jpg

お座席は、2-2の左の島通路側。
161201_IMG_3217.jpg




予定より16分遅れの、午前10時11分に出発。ランウェイは14R。
フライト時間は1時間ほどしかないため、出発ご30分で早速コーヒーとビスケッツ。
161201_IMG_3219.jpg


そして、予定より13分ほど遅れた11時38分にシャルドゴRWY26Rに到着。パリ寒いです。
実はこの時点で、乗り継ぎが2時間ちょい。CDGでこれだと、到着、出発ゲートによってはかなりヤバい。
実際、ラウンジにも寄らず直接向かったが、1時間半ほどかかった。
161201_IMG_3222.jpg



飛行時間1時間27分
飛行距離604km





そして最後は
CDG発NRT行きのAF276


機材はボーイングB777-300
161129_IMG_3235.jpg

機内はこんな感じ。柔道の選手達一杯乗ってたんだけど、こいつらが結構騒がしかったな。
日本人は3割ぐらいだったかな。
161201_IMG_3238.jpg

161201_IMG_3241.jpg


シートは3-4-3。取れた席が「J」と聞いて、じぇじぇじぇ!と思っていたが、この機材、左側からABC DEFGときて、いきなりJKLだった。つまり右窓側の島の通路側。疑ってすまんかった、ゴマジョン様<(_"_)>
そして隣はまたしても空席だったので、フランス人のおじさんとシェア。
161201_IMG_3239.jpg



電源、USBも完備。
ただし、モニターは可動式ではなかった。つまり、前の席がリクライニングされると、画面の角度も変わってしまう。
161201_IMG_3242.jpg

161201_IMG_3243.jpg


ここの機内安全ビデオ、キュートで好きなんだよね。



そして、「サムソンのギャラクシー7なんちゃらは持ち込み禁止」と、英語、仏語、日本語で入念にアナウンスしてました(・∀・)



予定より7分遅い13時57分に出発、RWYは09R。


1時間後の15時におビールタイムスタート。
161201_IMG_3249.jpg



機内が妙に寒いと思い、計ってみると22度。
柔道のやつらは半袖だったけど。
161201_IMG_3252.jpg


その45分後、ランチタイム。
チキンのジンジャーソース煮。美味かったです。
161201_IMG_3255.jpg


その後
「コーヒー、紅茶、または食後酒はいかがですか?」
ときたので、その「食後酒」とやらを頼んでみた。
コニャックか洋梨のお酒があるということなので、洋梨のやつ。
甘くて美味しくて、瓶も可愛かった。
161201_IMG_3256.jpg



観た映画は「グラディエーター」。そして、iPadにダウンロード済みだった「弟切草」のみ。
到着が日本時間の翌朝だということを考慮し、がっつりと4時間ほど眠った。

朝食は、他のメンバーには評判の悪いスクランブルエッグ。
日本時間の朝8時きっかりに振る舞われた。
161201_IMG_3261.jpg


そして、機長より「富士山が見えるよ」との案内の後、予定より2分早い9時43分に成田到着。RWYは34L。日本もなかなか寒かった。
161129_IMG_3267.jpg


飛行時間11時間46分
飛行距離9709km


AFはCAさんがステキ。男性も女性も皆、笑顔が眩しい接客だった。
たまたまオレのエリアは日本人のCAさんで、便利は便利だったが、ちょっと物を頼むのが気恥ずかしいってのもあったな。
エンタメはKLと同系列なので内容は一緒。つまりイマイチ。
食事は美味しいと思う。次こそはAFの日本食も食べてみようかな、などと毎回思うんだけど、ついつい洋食の方が美味しそうでな…

ということで、今回の総飛行距離は20628km
総飛行時間は26時間28分


さらに、
今年の総飛行距離は121,387km
総飛行時間は161時間ちょうど


つまり1年のうち6日と17時間は空の上にいたことになるわけだ。
お疲れ様でした〜!!
コメント
この記事へのコメント
本当にお疲れさまでした。怒涛のツアーと思いながら、でも海外での様子を見ていると旅行に行きたいなって思ってしまいます。不謹慎ですみません。
2016/12/03 (土) 15:09:42 | URL | まほら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.