新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

免許返納制度?
最近、高齢者による暴走事故がやたら多い。
小学生の子供が亡くなったりと、悲惨なニュースを毎日のように耳にする。
政府や自治体が、免許証お自主返納を高齢者に呼びかけているが、そもそも事故を起こす人は、まさか自分が事故を起こすなんて想像もしていないだろう。
それどころか、「自分は絶対大丈夫だ」という自信があるからこそ、運転を止めないのだろう。
そんな人間が自主返納なんてするわけがない。

運転免許には、取得できる年齢の下限があるよね。
二輪なら16歳、四輪なら18歳。それ以下の人間は、いかに運転技術が優秀でも、免許を取ることはできない。「個人差」とかも関係ない。
ならば、上限を設けても良いのではないだろうか?

例えば地方とかで、車がないと不便で生活できない、なんて話も聞くけど、どれだけ生活が不便だろうが、運転していい人とダメな人がいる。
子供、免許を持ってない人、酔っ払い。
高齢者をそこに加えてもおかしくないだろう。

なんて、久々に真面目なことを書いてしまったが、かくいうワタシも中学の頃から、いやなんでもない。




(写真と記事は関係ありません)


コメント
この記事へのコメント
前に読んだ記事で。
(家族から見ると)認知症症状ありの高齢男性が、事故を起こしてからでは取り返しがつかない、と家屋が運転を止めさせたいのに説得しても聞き入れず。
車のキーを隠してもどこかからスペアキーを見つけ出してしまったり、といかに納得して運転を止めてもらうかに苦労している、というケースがありました。
先月に何度目かの高齢者教習を経て、また3年運転可能な家族がいる身としては、次回更新時には傘寿を過ぎていますし、いつ運転を止めてもらうか他人事ではないです。
2016/11/16 (水) 23:33:40 | URL | JUNJUN #U6M1AWu2[ 編集]
>JUNJUNさん
やっぱり法で禁じてしまうのが一番手っ取り早いですね。
2016/11/18 (金) 16:24:06 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.