新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

今年の大谷翔平

個人的には、すっかり観ることも少なくなった日本のプロ野球だが、まだまだ面白い選手はいる。
その中でも、漫画のような活躍をしているのが、二刀流の大谷翔平選手。
そもそも、栗山監督が掲げた「二刀流」は、デビュー前から賛否が渦巻いていた。
しかし、昨シーズンはご存知の通り、投手部門を総なめに。今シーズン(レギュラーシーズン)も終わってみると、規定打席、規定投球回には届かなかったものの、両部門で主力選手としての成績を残した。
防御率はなんと1.86で、規定投球回まであと3イニングだった。ちなみにパリーグトップの石川投手が2.16だ。
以下、主な成績。

10勝(4敗)←リーグ8位
奪三振174←リーグ3位
完投4←リーグ3位
打率.322(リーグ2位の日ハム西川が.314)
打点67←リーグ13位、チーム3位
ホームラン22本 ←リーグ8位、チーム3位
球速164km/h←日本記録


比べるものではないが、ソフトバンク柳田.306、18本、73打点であることを考えれば、打者としても大成功と言えるだろう。


以下、デビュー前の先輩たちのご意見をまとめておくので、暇な人は読んでね。


「投手に専念」派

大野豊「二刀流も素晴らしい夢だと思うけど投手出身としてはあれだけの素材を持っているならピッチャーで見たい」

佐々木主浩「プロの球ではない。高校時代の財産で投げているといっていい。投手としての練習を本格的にしておかないと、将来が厳しくなる」

江夏豊「大谷を客寄せパンダにするな、まずはプロで160投げられるようになるのが二刀流より夢があるのではないか」

工藤公康「無理のない投球フォームをしていて投手としては長く活躍できる可能性が高い。一方打者として松井のような長距離砲になれる可能性は低い」

権藤博「二刀流自体は簡単だが、どちらも一流になるのは難しい。野手なんて投手崩れで十分、高校生で160出す投手がどこにいるのか」

張本勲「野手から投手転向は難しい、160km/h投げる投手はそういるもんじゃない」



「打者に専念」派

岡田彰布「ずっと二刀流で(両方で大成)ゆうのは無理よ。160出せる身体能力は野手でも絶対に生きるはずやんか、オレはやっぱり野手で大成させてほしいと思うな」

仁志敏久「バットコントロールも柔軟性があり、篠塚利夫のような高い打率を残す巧打者になれる可能性が高い。」

小早川毅彦「松井と落合を足したようなとんでもない打者になると思う。投手としては10年に1人だが野手としては20年に1人」

江本孟紀「本気で二刀流できると日ハムは思っているのか。大谷を潰す気か!投手は一度出来上がると長持ちするがバッターは難しい」





「どっちでもいいけど、どっちかにしとけ」派

江川卓「投手に専念すれば常時160、野手なら4割を達成できる。二刀流に挑戦して規定に到達しなかったらその数字は残らない」


江川さんのご意見は、まさに今年の大谷を言い当ててるが、そもそも数字よりもチームのことが第一なのだろう。

以下、「二刀流肯定」派

森繁和「投手出身の私はまず投手からの方が、と考えていたが、栗山監督の話を聞いて少し意見が変わった。
栗山は、二刀流でやるからには1年とかで(方針を)曲げるわけにはいかないんです。と言っていた。
私は運命だと思って、とことんまでやればいい、との言葉を贈った」

松井秀喜「無理だと言うこと自体がおかしい。二刀流は難しいが前例のないことをいきなり否定はできない」

金村義明「大谷をキャンプで見れば見るほど、ひょっとしたら、と変わってきた。これほど野球に関する頭の良さを
持った18歳は、見たことありません。まるでマンガの世界から出てきたスーパーヒーローですね」

落合博満
「やる前に結果ありきで辞めた方いいというのはおかしい」
「ここ2~30年で選手に個性がなくなったで、二刀流は話題性や個性がある」
「今、二刀流をやっているということは球団・監督・本人で同意が取れている」
「投手と打者の両方の魅力がありすぎ」
「規定投球回数と規定打席数がクリアできたら快挙、結果はどうでもいい」


うん、落合さん正論!

161003.jpg


コメント
この記事へのコメント
私も野球は観なくなったのですが、いい選手だけに無理な登板とかさせられて肩を壊すとかにならないようにしてもらいたいです。
2016/10/04 (火) 12:16:39 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
そういった意味では、今季は「指のマメ」に救われたのかもしれないですね。
2016/10/04 (火) 16:06:28 | URL | ryo #-[ 編集]
大谷のこと
 今年、同僚と西武ドームに、小学校の時以来、野球を見に行きました。
 僕は生粋のいパリーグファンです(笑)実は、パリーグの球団、どこも大好きです。大谷選手は、西武ファンの同僚たちも大好きで、みんなで見に行ったあと、ある同僚が「実は日ハム戦も行ったんですよ。大谷がいいピッチングしてて、感激しました:と言ってました。他チームのファンも虜にしている大谷という選手、ただ者ではありません。

 もうしばらく翔平の思い通りにさせてやりたいと、栗山監督はかつて話してましたが、ファンとしてももうしばらく・・・いや、できればずっと・・・二刀流を貫いてほしいと思います。
2016/10/04 (火) 21:00:27 | URL | ufocluv(k) #TwDiNAgY[ 編集]
>ufocluv(k)さん
彼がいないパリーグは、かなり寂しいでしょうね〜…
2016/10/04 (火) 22:57:40 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.