新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

ロシア系ハッカーがWADA侵入?



ちょっと重要な内容だから、全文貼っとくね。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091400052&g=spo


ロシア系ハッカーがWADA侵入=「薬物陽性に体操金のバイルスら」

【モスクワ時事】ロシア主要メディアは13日、ハッカー集団が世界反ドーピング機関(WADA)に不正アクセスして内部文書を盗み取り、8月のリオデジャ ネイロ五輪金メダリストを含む複数の米国選手がドーピング検査で陽性反応を示していたことが分かったと伝えた。WADAは声明を出し、ハッキング被害を認 めた上で、ロシアのハッカー集団「皇帝のチーム」「ファンシー・ベア」が内部文書を盗んだと非難した。
報道によると、ハッカー集団は、体操女子 で四つの金メダルを獲得したシモーン・バイルスらの薬物違反を指摘。「バイルスは陽性反応を示したにもかかわらず、資格停止にならなかった」と明かした。 違反を見逃された米選手には、テニス女子ダブルスのビーナス、セリーナのウィリアムズ姉妹も含まれているという。
ロシアではプーチン政権系のハッカー集団が暗躍している、と指摘されている。同国政府主導のドーピング問題をめぐっては、リオ五輪で陸上選手らが追放、リオ・パラリンピックでは選手団全体が排除されており、ハッキングは報復として行われた可能性がある。



いや〜盛り上がって参りました。
アメリカ側の言い分としては
「国ぐるみでドーピングをしてたロシアが、今度は国ぐるみでハッキングかよ」
一方、ロシア側は
「アメリカだってドーピングして、しかもWADAとグルになって隠してたじゃねえか」
という、実にヤバい争いです。おそロシア…
アメリカの選手の場合、喘息だとかメンタル面の治療、という名目で、結構許されてる人がいるらしいとも聞くけど、それもどうなんだろう?

ま、オレは選手たちを信じたいね。
160914.jpg

こんな美しい筋肉をしたセリーナ様がドーピングなんて…ドーピングなんて…


いやー、フローレンス・ジョイナーあたりまで遡って調べた方がいいのかも?選手たちのためにも。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.