新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

フェルトフォーフェン4日目「ライブ千秋楽」
珍しく昨夜は二次会まで進出したため、今朝は7時ごろまで熟睡。
ホテルの廊下やら中庭やらで、深夜まで若者たちが盛り上がっていたが、全く気にならず眠れた。

朝の中庭。
160828_IMG_1945.jpg




新聞
160828_IMG_1948.jpg

朝食。いつものルーティンだよ。
160828_IMG_1950.jpg


今日は、ちょいと遠出をすることにした。
160828_IMG_1957.jpg



ホテル内の「スピーツセンター」というところで、チャリを借りられることが判明したので
早速こいつをゲット!
160828_IMG_1959.jpg


4日間で9ユーロ、半日で7ユーロ。
どう考えても今日の夕方ぐらいまでしか時間がないので、半日をチョイス。
でも、バスのワンデーパスが7.5ユーロだし、たった7ユーロで自由が手に入るのかと思うと、全くエクスペンシブではない。



さて、世界一平均身長の高いこの国。チャリもデフォルトでサドルが高い。
それ以外に何かお気づきではないだろうか?
160828_IMG_1960.jpg


そう、ブレーキがないのである。
160828_IMG_1961.jpg


ペダルを逆回転させることによって、ブレーキがかかる仕組み。
いや〜不慣れなもんで、全くスピードが出せないよw


欧米の他の国と同じく、自転車レーンがかなり整備されている。
160828_IMG_1962.jpg




「自転車用押しボタン」も。
ほとんどの信号がこの仕様である。

160828_IMG_1963.jpg

160828_IMG_1965.jpg



10kmほど離れた「アイントホーフェン」という市街地まで散策に行ってきた。
160828_IMG_1971.jpg


ランチはここ。お約束のご当地マック。
160828_IMG_1972.jpg


チーズバーガー1.5ユーロ。
飲み物などは全て2ユーロぐらいした。
160828_IMG_1976.jpg


店の目の前にはメリーゴーランド
160828_IMG_1978.jpg



インドネシア料理屋はあったけど、「妖しい寿司屋」は見つけられなかったよ。
160828_IMG_1980.jpg


なかなかご機嫌な市街地だった。
160828_IMG_1983.jpg


午後。ホテルに戻り、水分補給。
160828_IMG_1984.jpg



そしてポケモンゲット
160828_IMG_1987.jpg


ちなみにこれがこのイベントの通貨で、1枚が2ユーロ。
3枚でハイネケンが2本買えます。
160828_IMG_1988.jpg


さて、そんなこんなしているうちに、現場に偵察に行った工作員G•Jより、会場の画像が送られてくる。
思ってたよりかなり広い。
ここでまた客ゼロから始まるとしたら、ある意味地獄だ(・∀・)
160828_IMG_1989.jpg



1時間遅れでスタートしたサウンドチェックも滞りなく終わり、即開場。
あれよあれよと言う間に、どんどんお友達たちが入場してくる。
おそらく、昨夜のライブの噂を聞きつけて、集まってくれたのだろう。
こうなれば、もうこちらのものだ。

ギターのワイヤレスが壊れたり、ベースのシールドが抜けたりと、サウンド的に時々いなくなる者がいたが、そのような軽トラブルなら、4小節で解決できる。
昨夜、お客さんとして客席にいたミハーリ君が、今日は通訳としてステージに上がったりと、想定していなかった仕上がりで、大盛り上がりのうちに終了!!
160828_IMG_1991.jpg


ありがとう!オランダ・フェルトホーフェンのお友達たち!!

今宵は、ラブタン期待の新人、ミハーリ君とその彼女も招いての打ち上げ。
160828_IMG_1990.jpg



そして、他の出演者やスタッフも交えての二次会!
160828_IMG_1992.jpg




最高の2日間になったよ( ´ ▽ ` )ノ

さ、荷造り荷造り・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.