新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

羽田の神社

羽田空港こと東京国際空港の「旧ターミナル」は、現在の「国際線ターミナル」がある付近の場所にあった。(国際ターミナルもちっちゃいのがあったけど)
A-JARIや THE HEARTのツアーなどで散々お世話になった、思い出深きターミナルである。
160726-0000.jpg


そして、その駐車場の一角には赤い鳥居が立っていた。元々そこにあった、とある神社のもので、戦後処理処理の際、占領軍によって神社自体は移動させられたが、鳥居だけはGHQも撤去できなかったという。
160726-00.jpg



さて、それとはまた別な「神社」が、その旧ターミナルの屋上にあったことを知っている人は少なくないはずだ。
そう、その名も「航空神社」
これは、新橋の「航空会館」というところの、これまた屋上にある航空神社から分祀されたもの。

160726-000.jpg

これが、現在どうなっているのか?と気になって調べてみると、何と現在の第1ターミナルに、ひっそりとあるということが分かったので、早速探しに行ってみた。
第1ターミナルの到着ロビー(1階)の真ん中辺に、案内看板があり、「Shinto Shrine」の英語表記も。

160726-01.jpg


進んでいくと…
160726-02.jpg



ありました!!

160726-03.jpg

160726-04.jpg

160726-05.jpg

飛行機を、そして空の旅を守っているだけに、「落ちない」として受験生にも密かな人気だそうである。

さて、前述の鳥居が現在どうなっているかというと、国際線ターミナルから西へ行った「天空橋」近くで、行き交う航空機の安全、特に全日空機を温かく見守っている。(奥に見えるのが国際線ターミナル)

160726-06.jpg



なぜ全日空機かって?
なぜならその名も「穴守稲荷(ANA守稲荷)神社」ですから。

ちなみに、現在の穴守稲荷本社はこの辺
クロノゲートの、環八を挟んだはす向かいあたり。
厳かな佇まいである。

160726-07.jpg


(おまけ)
ってことで、久々に第1ターミナルに行ってみたが、そこにあったコンビニ。見た目はセブンなんだけど、よく見ると「サンクス」。
もちろん、nanacoは使えませんでした。
ってか、ややこしいんじゃっ!!

160726-08.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.