新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ドラマ】「仰げば尊し」「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」「そして誰もいなくなった」


もうどれだけドラマの事しか書いてないのだろう…
今宵、今季全てのドラマが出揃うので、おそらく数日中にはこの状況を脱することができるかな〜

ってことで、今日は日曜夜の3本をまとめて。

「仰げば尊し」
TBS日曜21時、寺尾聰主演。
ROOKIESのチームによる制作らしく、荒廃した高校の吹奏楽部を、寺尾先生が蘇らせる、というベタな学園モノ。今の時代、こう言ったドラマの需要がどこにあるのか、個人的にはわからない。
いわゆる「売り出し中若手役者の見本市」的な?2世タレントのオンパレードという感じがする。
これはもしかしたたら、裏のフジテレビが珍しく勝利するかもしれない?と思わせる作品である。
調子っ外れなブラスバンドの演奏の再現力は評価できる。
初回視聴率は11.4%と、裏の倍近く取ったが、逆転もあるかもしれない。

160721-01.jpg



「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」
先日、ヒツジさんと噂になった、中島裕翔主演、日曜21時、フジテレビにとって鬼門の枠。
中島裕翔といえば「デート」の鷲尾くんのイメージが大きいが、このドラマではまた別な味を出している。ワタシはこのジャニタレくんを、役者として評価している。
ドラマの内容はややシリアスで、見ていてチクチクと痛い部分もあるが、裏の「仰げば尊し」より好きかも。
と思って調べたら、結構好きな脚本家さんだった。
エンケンさんや山内圭哉さんもいい味出してます。
初回視聴率は、前クールの「OUR HOUSE」の倍で、裏の「仰げば尊し」の約半分となる6.5%。

160721-02.jpg



「そして誰もいなくなった」
日テレ日曜22時、藤原竜也主演。
初回を見て、主演のキャスティングに妙に納得してしまった。
交付された「マイナンバー的なもの」が、同姓同名を名乗る謎の人物と被ってしまう。
しかもその「別人」は、婦女暴行の罪で逮捕された関係で、指紋やDNAなど、全てのデータがその人物のものとされたため、主人公はこの世に存在しないことになってしまい…という掴みが絶妙。
クレジットカードも使えない。婚姻届も出せない。会社からも追い出される。何とかしようとすればするほど、ドツボにはまっていくという窮地に追い込まれた主人公がこの先どうなるのか、登場人物も全員怪しい感じ。
今後の展開が楽しみだ。

初回視聴率は10.7%

160721-03.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.