新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

カターニャ2日目「街歩きDAY」
長旅の末、深夜に寝入ったものの、ちゃんと早朝に目がさめる時差ボケ知らずのワタシであった。
南ヨーロッパの空が、熱烈に歓迎してくれている。
160603_IMG_0334.jpg


さて、朝食だが、民家とはいえ、大家さんが作ってくれるわけでもない。
が、何と
「朝、朝食チケット置いておくから、隣のカフェで使ってね」
なんて話になっていたのだ。

しかし、起きるのが早すぎたのか、そんなものはどこにもない。
仕方がないので、そのカフェとやらに行き交渉するが、チケットがないのではダメだという。
ま、キャッシュで払うからそれとそれとコーヒーくれや。

で、これ。しめて3.8ユーロ。良心的だ(・∀・)
160603_IMG_0336.jpg



部屋に戻り、シャワーを浴びて、いよいよ街へ繰り出す。
160603_IMG_0349.jpg

160603_IMG_0351.jpg


ローマのように、ここカターニャにも、所々に遺跡がある。
160603_IMG_0359.jpg


出店がたくさん。超楽しい。
160603_IMG_0356.jpg



桜木町?
160603_IMG_0363.jpg


見つけたよ〜ご当地マック!
160603_IMG_0364.jpg

160603_IMG_0365.jpg

160603_IMG_0366.jpg


チーズバーガーとコーラとポテトで4.4ユーロ。
味も値段も極めて普通。だがそれがいい。
160603_IMG_0371.jpg


スーパーで買い出し。
ビール大瓶5本と水とジュースとワインで、11ユーロ。
160603_IMG_0374.jpg

さくらんぼ1kg4ユーロは、メンバーの皆さんにお土産。
160603_IMG_0377.jpg

160603_IMG_0378.jpg

さて、先ほどの出店で買ったビーツのヘッドホン。
これが何と7ユーロ!
160603_IMG_0384.jpg


こっちは5ユーロ。(・∀・)
160603_IMG_0385.jpg

このキャップ、当初「6ユーロ」とか言ってたけど、
160603_IMG_0386.jpg


「ヘッドホンが5ユーロなのに、その値段はないだろ」
って言ったら
「じゃ、いくらだったら買う?」
と来たので
「2」
と言ったら
「5でどうだ?」
「3なら買うよ」
「じゃ、4で」
「オッケー」

こんなやり取りがめちゃ楽しいショッピングタイムだったよ

さて、突然だけどここで、今回のお宿をご紹介。
こんな通り沿いにあり
160603_IMG_0373.jpg


外観はこんな感じ。いたって普通の民家です。
160603_IMG_0369.jpg






入り口を入り
160603_IMG_0387.jpg

階段を上って
160603_IMG_0388.jpg

160603_IMG_0389.jpg


上って上って
160603_IMG_0392.jpg


もう一個ドアを開けて
160603_IMG_0383.jpg

共同キッチンを抜け

160603_IMG_0379.jpg



さらに上って
160603_IMG_0380.jpg

やっとお部屋

160603_IMG_0395.jpg


全部で3つの鍵を使ってやっと入れるんだけど、それがその後悲劇を呼ぶことに…

ま、それはまた明日書くとして、今日は近くのイタ飯屋でお誕生日を祝ってもらい、解散!

160603_IMG_0410.jpg


160603_IMG_0413.jpg







コメント
この記事へのコメント
やっぱり、マックとスーパーは徒歩で4、50分だったんですか?〜アルコールが確保出来たようで何よりです(^_^;)
復路の荷物が大変かとは思いますけど、素敵な街並みなのでお散歩が楽しそうですね(๑• •๑)♡
2016/06/04 (土) 22:27:14 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
ご当地マックとかショッピングって楽しそうですね。階段あたりは姉が住んでいたマンションに似ているような気がします。建物の作りがしっかりしてるんですよね(*^^*)
2016/06/05 (日) 00:26:41 | URL | #-[ 編集]
コメントに名前がなかったんですね。すみません。
2016/06/05 (日) 21:02:42 | URL | まほら #-[ 編集]
>シャティグレさん
それが、事前に(直前に)もらった情報とは全く異なる宿泊地で、マックもスーパーも割と近所にありました。結果オーライです。

>まほらさん
地震大国日本と比べて、作りはどうなんでしょうね〜
雰囲気はかなり良かったです。
2016/06/07 (火) 23:53:55 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.