新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

テレビドラマにおけるCMの長さ


普段ドラマはTVPlayerというアプリを用いて、iPadやiPhoneで視聴している。
スキップボタンがあるのだが、「15秒戻す」のと「60分進める」の2つ。
これがどうにも中途半端で、CMなどを飛ばす場合、たいてい60秒を2回進めてから、15秒戻しボタンを何度か押す、という事になる。
が、これは日テレ、TBS、フジの話で、テレ朝はたいがい120秒スキップすると、同局別番組の番宣が数本来て、本編が始まる、という事。もしくは、さらに30秒ほど待たなければならなかったりする。
ここから見えるのは、CMの量、言い換えればスポンサーの数。
確かに数字(視聴率)を見ると、テレ朝は「相棒」「科捜研の女」「スペシャリスト」などのドラマが、今季も安定して上位を占めている。
(ちなみに、局ごとのドラマ平均視聴率は、フジが8.55%、日テレが8.20%、TBSが8.41%、テレ朝だけが10.11%とかろうじて2桁)

一方、民放ドラマ全体の視聴率を見てみると、2005年は7%ほどだった「一桁」ドラマが、2010年には38%、2015年には69%と、圧倒的にその数は増えており、今年は現時点でなんと82%。
月9も今回は平均9.69%と、最低を更新した。
色々な意味で、テレビと視聴者、スポンサーの関係は変わっていく気がする。





フジテレビ日本テレビテレビ朝日TBS合計
今期の平均視聴率8.55%8.20%10.11%8.41%8.60%
21時22時台のみ→8.55%9.76%12.67%8.41%9.22%

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.