新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

パリ萌え


昨日、学校で「映像の世紀」を見せてもらったらしい息子が
「内容もさることながら、曲が良かった
との感想を漏らしていた。なるほど、さすが我が息子、そこに目をつけたか。
しかも鼻歌をちゃんとオリジナル・キーのFmで口ずさんでおる。
息子よ、それは加古隆さん「パリは燃えているか」という、発表後25年以上経っても色褪せる事のない名曲中の名曲なのだよ。
そういって、軽くピアノで弾いて聴かせてみた。(初めて弾いたけどw)

と、ここまでが昨夜の話。
そして今日、昼あさ(昼の朝ドラ「あさがきた」)〜13時のニュースの流れからなんとなくつけっぱなしだったスタジオパークのゲストが加古隆さん
なんと「パリ燃え」の生演奏付き。
以前にも書いた「テレフォン・テレパシー」(in music)がまたしても!!

演奏後、なんと加古さん、ものごっつ緊張したと述べられていて、へえ〜と思った。
確かに、昨夜初めて弾いてみて、難しい曲だとは思ったが、大御所、しかも作曲者ご本人でも生放送、生本番は緊張するものなのだな〜と、変に身近に感じてしまった。





注)テレフォン・テレパシーとは
「あの人どうしてるかな?」などと思っていると、その相手から急に電話がかかってくるような現象。
オレの場合、それもあるが、「あの曲ってどういう曲だっけ?」なんて時に、急にテレビで流れたりする事がちょいちょいある。
9年前日記(リンクあり)より」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.