新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

【ドラマ】「お義父さんと呼ばせて」

160122.jpg


火曜22時という、連ドラにとっては「死の時間帯」で、今週始まったフジテレビのドラマ。
蓮佛美沙子が「渡部篤郎の娘でありエンケンの彼氏」という、とんでもない役を授かったものだと、それだけでも笑えるが、中身もかなり面白い。
いつも通り「予備知識なし」で見始めたので、ど頭からかなり笑えた。

「エンケン、久々のヤクザ役か!?」

みたいな。
脚本の上田尚は、最近では「サムライ先生」「天使と悪魔」などを手がけており、演出の林宏司は「医龍」「アイムホーム」などで知られる。
とてもテンポの良いホームコメディで、色々なところに遊びも見られ、俳優陣も楽しそうだ。
個人的には、渡部篤郎の父親役・品川徹さんのキャラがとても好き。
老人ホームで、人妻(婆さん)に手を出して追い出されるというツワモノで、渡部さんに対するツッコミのセリフなんかがいちいち面白い。

ドラマが3本並ぶこの時間帯では、この作品をメインにしようと思う。
ま、結局は3本とも観るんだけどね。
コメント
この記事へのコメント
面白かったですねぇ。品川さんの突込みは大笑いしてしまいました。エンケンさんはまたかわいいキャラみたいですね。私も続投です。
2016/01/23 (土) 00:53:52 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん
エンケンさん、「民王」の入れ代わり後の演技を彷彿とさせてくれますね。
他の皆さんもノリノリで楽しそうです♪
2016/01/24 (日) 13:12:45 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.