新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

DVD「東京タワーの建設記録」
先日、ここでも紹介した「台場図書室」で取り寄せたDVD。
東京タワーの施工を担当した竹中工務店の記録フィルムをDVD化したものと思われる。
ナレーションやBGMも昭和33年当時のもののようで、昭和フェチ&東京タワーフェチのオレ様のハートを心底揺さぶる映像である。
地上数百メートル、命綱もつけずに、軽やかに飛び回り作業する職人達。
その場で溶かしたビスをキャッチボールする様などは正に神業と言えよう。
コンピュータもなかった当時、綿密に計算されたどり着いた333mのパース。(昭和33年も含む「3並びはあくまで偶然らしい)
そして寸分の狂いもなく勧められた現場での工事。
新東京タワーが現代テクノロジーの結集だとすれば、旧東京タワーは正に手作りの芸術品だと再認識できるDVDである。
機会があれば、是非ご覧あれ。
tyokyotower090419.jpg
コメント
この記事へのコメント
東京タワーといえば・・・
わたくし、東京タワーを設計された、というお方に構造計算を教えていただいたハズですが、今まったく関係のない仕事をしております。。。
たしか一番最初の授業で、東京タワーの構造設計について、熱く語られていたのを覚えてますが、残念ながら内容をまったく覚えていません~。
ここがポイント、みたいなことを話されてたのに、もったいない。。。

ちなみに、DSの「眼力トレーニング」を監修された方に体育の授業を受けたことも・・・
2009/04/21 (火) 22:50:18 | URL | カメ #-[ 編集]
>カメさん
そのような貴重な体験を・・・
ま、オレが聞いてもさっぱりワケがワカランと思いますが、それでもかなり興味がありますね~

そういえばオレも何かを何かした人から何かを教わった事がありますが、それが何かも忘れてしまってます・・・
2009/04/21 (火) 23:07:29 | URL | ryo #-[ 編集]
、「コンピュータもなかった」は、
「コンピュータもなかった当時、~」
昭和33年時代のコンピュータは、所謂「メンフレ」と云われるもの。
CADシステムで、図面出しをした模様、鉄材の加工は、図工さんが大きな図番に工作図面を描いたようです。
但し、「竹中工務店」関連がコンピュータを使用有無は定かでない。

ともあれ、「コンピュータもなかった」は、言い過ぎ・・・書き過ぎでは?

Kernl

2012/05/18 (金) 12:18:53 | URL | Kernl #HkRIpaaw[ 編集]
XHHlNTDyoVwHFvyL
2012/05/22 (火) 16:48:08 | URL | wuiirot #X9p.PlAE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.