新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

風呂の栓


一昨日ぐらいだったか、バスタブの水を抜こうと風呂場に行った。
そしたら、栓はもう抜かれていた。にもかかわらず、水がかなり残っていた。

「!? 排水溝が詰まったか?」
と思ったが、そんなことはなかった。水は順調に排水されている。つまり、誰かが先ほど栓を抜いたばかりと推察される。
しかし、家の中にはオレ一人。これは一体どういうことか?
答えはただ一つ。ほんの数秒〜数分前に、オレが自分で抜いたのだ。

しかし、ほんの数秒〜数分前のことを覚えていないとは…

昨夜の自分が、自分と同一人物とは思わないことにしているのだが、もはやそういうレベルではなくなって来ている(´Д`;)

151220_IMG_8665.jpg
コメント
この記事へのコメント
私もお風呂のガス止めたか確信がなくって3回ぐらい見に行くんですけどそれもヤバいですかね(^_^;)
2015/12/22 (火) 20:33:04 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
>シャティグレさん
車の鍵をかけたか、メチャ不安になるけど確かめに行かないオレの方がヤバイです。
3度に1度ぐらいは実際にかけてないし…
2015/12/22 (火) 22:21:49 | URL | ryo #-[ 編集]
〉ryoさん
私もあと数年後にはそうなるかもしれないですね(>_<)
2015/12/23 (水) 18:43:31 | URL | シャティグレ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.