新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

英語読み

ワタシの「領」という名前、ローマ字だと「RYO」になるわけだが、日本以外のほとんどの国では「リョウ」とは発音してもらえない。
大概は「リオ」だ。RY=「リ」O=「オ」なのだろう。「リョ」という発音自体が存在しないのだ。

「リオじゃねえ、リョウだ。ちゃんと発音するように」

と言いたい気持ちもなきにしもあらずだが、

「それじゃおまえはオレの名前を正しく発音できるのか?」

などと言われたら、ほとんどの場合において無理だ(・∀・)

昔、F-1レーサーのミハエル・シューマッハがインタビューに英語で答えていて、自分の事を「マイケル・シューマッハ」と呼んでいた。ミハエルの英語読みだ。
国際人たるもの、このぐらいの度量があって然るべきなのかも、と思ったものだ。

My name is りお

これで良い。
コメント
この記事へのコメント
デンマークに、ryoichiという友人が住んでいるのですが、彼の二歳の娘は、rioさんです。
奥さんは、主人を「りょうちゃん」、娘を「りおさん」と呼んでいます。
日本人でも似てしまう発音ですから、外国では当然かも知れませんね。
2015/11/28 (土) 13:28:32 | URL | ichiro #pChZp3ac[ 編集]
>ichiroさん
ご無沙汰です!
例えばICHIRO選手などは、まだちゃんと発音してもらってる方ですよね〜
KAWASAKI選手とかも馴染みのある名前だし。
2015/11/28 (土) 15:09:59 | URL | ryo #-[ 編集]
こちらこそ、ご無沙汰です!
20世紀中は、ICHIROの発音は、なかなか正しくは言ってもらえなかったですよ。
やはり、ICHIRO選手のブレークのお陰でアメリカンからは、比較的キレイに呼んでもらえるようになりました。

ハードなツアー、気を付けてね!
2015/11/29 (日) 07:22:16 | URL | ichiro #pChZp3ac[ 編集]
>ichiroさん
おかげさまで、無事に帰って参りました
音楽ってやっぱ凄いな〜とあらためて実感できました!
2015/12/02 (水) 10:51:26 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.