新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

モロッコ旅行記・7〜8日目
さてさて、長かったモロッコの旅もいよいよ終わりに近づいてきました。

昨夜、14時台の飛行機に乗るのに、朝、何時に集合して何時に出発するかを話し合ったが、Wi-Fiも通じないこんな忌まわしいホテルを一刻も早く脱出していので、6時半ぐらいに出ようと提案したのだが、五十嵐公太が

「そんなに早く出る必要あるかな?」

というので

「ここにこれ以上いても、何もする事ないじゃん」

と言ったら

「睡眠」

だって…なるほど(・∀・)

という事で、7時に朝食をいただき、
IMG_6825_150901.jpg


8時過ぎに出発
IMG_6827_150901.jpg


見送りに来てくれたサリム達とともに、まずはトリムでカサ・ボヤジャー駅へ
IMG_6829_150901.jpg


なかなか雰囲気のある駅だ
IMG_6833_150901.jpg



駅の中はこんな感じ
IMG_6834_150901.jpg

IMG_6835_150901.jpg



ホームに座って電車を待つのがデフォらしい
IMG_6840_150901.jpg



電車きました
ディーゼルなので、正式には電車ではんく、汽車か。
IMG_6842_150901.jpg


車内
IMG_6844_150901.jpg


向こうでサリムが撮って欲しそうにしてたので(・∀・)
IMG_6846_150901.jpg



カサブランカのムハンマド5世空港。3レターだと「CMN」直結の駅で、まずはセキュリティ・チェック。20分ほど並ぶ。
IMG_6848_150901.jpg



この辺りで、ほぼ1日ぶりにWi-Fiと出会える。
チェックインに約20分。
IMG_6849_150901.jpg



モロッコ・ディルハムは国外持ち出し禁止なので、金の亡者五十嵐公太さんはここでExchange。
ちなみにオレは全額寄付(・∀・)
IMG_6850_150901.jpg



出国手続きとニモケンこと荷物検査を終え、ようやくラウンジへ…
と思いきや、我々の利用できるラウンジは第二ターミナル、ここは第一ターミナルなので、ラウンジがなかった。

仕方なく、その辺のカフェへ。
しかし、ビールは飲めるしネットもできる。
これまでの環境と比べたら天国です♪
IMG_6854_150901.jpg


ビール1本5ユーロなんて、安いもんだw
IMG_6853_150901.jpg


まずはこいつで、ドバイまで8時間半。
IMG_6856_150901.jpg


リビア上空辺りで、一瞬にして夜になる
IMG_6869_150901.jpg


2食食って、2、3時間眠って、ビールを5本ぐらい飲んで、映画2本観たらアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ国際空港、3レターはDXB。
IMG_6465_150901.jpg

IMG_6466_150901.jpg



ここでトランジット1時間40分のはずが、到着遅れのため、1時間ちょい。
この「1時間ちょい」ってのは、実質ゼロと言っても良いのだが、カサブランカでラウンジれなかったので、ここは無理やりラウンジる。
IMG_6881_150901.jpg


ビール1杯だけいただいて、さよならドバイ。
IMG_6885_150901.jpg


外はなかなか暑い。
こいつであと12時間ほどで千葉へ。
IMG_6888_150901.jpg


2食いただき、映画2本観て、3、4時間ぐらい眠って、ようやく成田へ。
IMG_6911_150901.jpg



特に囲み取材もなく、無事帰宅
IMG_6915_150901.jpg



と思いきや、バゲージクレイムでお呼び出し

「お客様の中に、フジオリョウ様はいらっしゃいませんか?」

よくドラマなんかである
「お客様の中で、お医者様はいらっしゃいませんか?」
の、更に名指し版である。
名指しされた以上、名乗り出ないわけにはいかない。
よほど何か困っているのだろう。
IMG_6916_150901.jpg


「フジオリョウは私ですが、何かお困りですか?」


「実はですね、お客様のものと思われるスーツケースが、ドバイに…」


おいおい、それはシャレにならんぞ。
帰宅した後の「荷解きの儀」が執り行えないではないか。
それよりも、中には仕事の全データが入っているHDDが。
業務上、かなりの支障が出る。
かと言って、目の前にいるこのお姉さんが悪いわけでもないし、どうゴネてもスーツケースはドバイfにある、という事実は変わらない。


結局オレのスーツケースと、ファイヤさんのベースがドバイに置き去りにされたらしく、戻ってくるのは明後日との事。
諸手続きを終えるのに30分ほど。
IMG_6917_150901.jpg

思えば「シカゴ空港火災事件」の巻き添えを食ったのもこの2人。そして帰りの「シカゴダッシュ事件」はオレだけが犠牲者だった。
どうやら引きが強いようだ(・∀・)


という事で、8日間の旅を終えたにしては、ギターとリュックだけどいう、かなり身軽な感じで、とりあえずは無事に帰ってきたのでした。
IMG_6918_150901.jpg


しかし、無事にスーツケースが戻り、荷ほどきが終わるまでは、旅が終わったとは言えない。
オレの旅はまだまだ続くのであった。
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。何でまた荷物が置き去りなんていうミスになるんでしょうね‥。
2015/09/04 (金) 16:56:30 | URL | まほら #-[ 編集]
>まほらさん

一説には「積みきれなかった荷物は置いていく」ということもあるみたいですが、なんとも…
しかし、先ほど無事に帰ってきましたよ〜オレの赤リモワ♪
2015/09/04 (金) 18:45:07 | URL | ryo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.