新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

モロッコ旅行記・5日目
一応、サリムの言葉を半分信用して、6時前に集合してみた。
我々日本人は当たり前として、車に同乗するモロッコ人たちもぼちぼち集合し始め、全員が乗り込んで、いよいよカサブランカへ向けて出発。
IMG_6658_150830.jpg


その時、サリムが
「ヘイ、リオ(りょうと発音できない)、見ろよ」
と、スマホの時計を見せてくる。
その時刻、6時40分


40分遅れでドヤ顔されてもなー…(・∀・)
しかも、昨夜は「6時10分には出発してみせる」って言ってたやん(笑

朝の高速をかっ飛ばす。
アフリカの太陽は早朝からパワフルだ。
IMG_6674_150830.jpg




モロッコ、カサブランカ間の車移動は、体感的に東京〜名古屋よりちょっと長いぐらい。
来る時と違い、殆ど渋滞もなく、カサブランカのホテルに着いたのは、予定より1時間遅れの午前11時。
サリムが満身のガッツポーズ。

1時間遅れで済むと、ガッツポーズが出るらしい…


着いたホテルは、よく言えばとても伝統的な安宿。
古いホテルを古いまま使っているので、雰囲気は抜群。
IMG_6689_150830.jpg

IMG_6691_150830.jpg

IMG_6707_150830.jpg

IMG_6751_150830.jpg

IMG_6753_150830.jpg

IMG_6752_150830.jpg



しかしWi-Fiは使えない…タンジェの地下生活より酷い、暗黒時代の始まりである。


窓からの眺め。
IMG_6695_150830.jpg


遠くにはカサブランカの港が見える。
IMG_6697_150830.jpg



我々が移動に使っていたのはこの車。ベンツのマイクロバス。
かなりデカいです。
IMG_6693_150830.jpg


ちょうど昼時だったので、ランチに行こうという事になり、かつてここが地元だったというサナに案内してもらったのは、市場にある魚介レストラン。
IMG_6708_150830.jpg


伊豆の海鮮食堂のような、とてもいい香りが漂い、出てきたのはこのプレート。
これがね、たまらなく美味いんですよ。日本円で600円もしない。
伊豆など敵ではない。
IMG_6704_150830.jpg


ここら辺の猫は、タンジェの猫よりもかなり栄養状態が良い。(背中にご飯ついてるけど)
IMG_6705_150830.jpg




さて、昼食を終えたら、車で40分ほどの会場へ。
IMG_6718_150830.jpg


着いてみると、スーツケースに忍ばせておいたビールが破裂し、中も外もえらい事になっていたw(写真撮るどころではなかった)
ビール臭い衣装をすかさず風に晒し、事なきを得る?

何とここはWi-Fi完備。しかも、タンジェの学校と違い、ホスト規制のようなものもないので、メールチェックやブログの更新もできる。
ステージでの進行が途絶えるたびに、楽屋に戻りセコセコとネットするという時間帯を終え、ついでに本番も終え…
今回は久々、足元に水溜りが出来るほどの汗だくライブ。おかげで(?)エフェクターが壊れてしまったようだ。

会場入りは車だったが、帰りはトリムで帰るという。
んじゃ、大荷物はどうするのか?と思ったら、サリムがこんな車を捕まえてきた。
IMG_6721_150830.jpg


これに荷物だけ積んで、ついでに荷物番のアユーブくんも積んでGO!
IMG_6724_150830.jpg


我々はホテルまで、こいつで帰る。
IMG_6730_150830.jpg


ホテルに戻ると、もう22時過ぎ。
この時間で、ユーロが使えて、飯が食える場所を探してさまようが…
IMG_6731_150830.jpg


最後にたどり着いたのは、カサポートというステーションのフードコートにある、レバノン料理のファストフード。
IMG_6732_150830.jpg


超健全な乾杯!
IMG_6733_150830.jpg


食ったのは、このような巻物。なかなか美味い!
IMG_6736_150830.jpg


写真は撮ってないけど、最後に独り、ホテルのバーへ。
店員は強面の巨漢ばかり。
この中の一人には、実は昼間、一度会っていて、夜に来店するからよろしくと言ってあった。
なので、入店するなり握手とハイタッチとハグ。
「ところで、フランス語は話せるか?」
「いや、英語がちょっとだけ」
「フランス語を話せよ。ここで友達がたくさん作れるぜ」
「とりあえず冷えたビールを。とにかく冷えたやつを頼む」

みたいなやりとり。
バーというよりも、クラブみたいな雰囲気で、とても盛り上がっていた。
もちろん、店内は撮影禁止。
やっぱり冷えたビールは最高!!
この店の外と中では、大きく世界が違う。

明日は「リックス・カフェ・アメリカ」でも探しに行こう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.