FC2ブログ
新・供述調書
つれづれなるままに綴られる・・・

夕暮れが近づいてくる

私の人生の〜♪

稚菜と安藤晃司
もう昨夜の話であるが、稚菜今年4度目のワンマンライブがあった。
とても良いライブだったと思うし、サウンドプロデューサーであり、座布団運び譜面台運び係のワタシもよく闘った。
彼女はとても努力家で、「打てば響く」人なので、次回ももっと良いライブになる筈。
(もう一発だけ、打って響いて欲しい課題があるんだけどね)
ライブが終わったからと言って一段落、というわけではなく、やる事がまだまだ山積みで大変だけど、これが「仕事」だからね〜

さて、同じ頃、海の向こうシンガポールでは、ワタシの総合格闘技の師匠・安藤晃司が大変な試合を闘った。
相手はなんとあの青木真也選手。
結果は残念ながら判定負け。
「あの青木選手を相手に、フルラウンド闘って判定まで持ち込んだんだから、大したもんだ」
そう言う人は多いと思うけど、彼はそんな事は微塵も思ってないだろう。
「良い試合をしたいです」
「努力したので」
なんて事は一切言わない。
「格闘技が僕の職業なので、それを全うしたい。そして金を稼ぎたい。」
そう言い切る安藤さんの言葉は、いつも胸に響いている。
なので、ここで終わるわけがない。

稚菜も安藤さんも、そして我々も、「負けて良い試合」なんて一試合もない。
常に前に向かおう。などと改めて心に思う一夜であった。
IMG_5594_150528.jpg


ちなみに安藤さん、指導もかなり上手で、しかも理論家。
ワタシは彼に「ジャブの意義」などを叩き込んでもらったのと、ストレートの距離が2cmほど伸びました。
これから格闘技を始める人、既にやってる人も、是非一度安藤さんに教わってみてはいかがでしょう?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 新・供述調書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.